横浜市立市民病院

戻る
HOME

病院のご紹介

医療憲章・基本理念・運営方針・患者さんの権利と責任

横浜市立病院医療憲章

  • 患者さんの声を尊重し、相互の信頼関係に基づいた、医療サービスを提供してまいります。
  • 患者さんの知る権利を尊重してまいります。
  • インフォームドコンセント(説明と、患者さんの理解・選択に基づく同意)を的確に行い、患者さんの自己決定権を尊重してまいります。
  • 患者さんのプライバシーを尊重してまいります。
  • 医療に関して、高い倫理観、十分な知識、確かな技術を持ち、さらなる研鑽に努めてまいります。

基本理念

私たちは、市民の皆さまの生命と健康をお守りするため、 安全で良質な医療を公平、公正に提供してまいります。

運営方針

  • 横浜市の基幹病院として、高度かつ先進的な医療に取り組みます。
  • 「がん」「救急」「感染症」を三本柱に、母子医療センターにおける「産科」「小児科」などの診療機能を強化します。
  • 地域医療機関との連携と機能分担を進め、患者さん中心の医療を推進します。
  • 医療に関する高い倫理観、知識、技術を持ち、安全管理の向上に努めます。
  • 十分な説明と患者さんの納得・同意のもとに診療を行うとともに、診療情報の開示を進めます。
  • 公営企業として経営の健全化に努めます。

患者さんの権利と責任

  • 患者さんは人権が尊重され、安全で良質な医療を公平、公正に受けることができます。
  • 病気、治療、検査、今後の見通しなどの説明を受け、医師等と十分に話し合い、理解・納得したうえで、検査や治療方法などを自分の意思で選ぶことができます。
  • 診断や治療について、院内又は院外の他の医師の意見を求めることができます。
  • 診療記録の開示を求めることができます。
  • 診療上の個人情報やプライバシーが保護されます。
  • 診療に要する費用について、その見込み額や明細の説明を受けることができるとともに、医療費を適正に支払う責任があります。
  • 医療の安全を確保し、最大限の治療効果を発揮するために、医療従事者と力をあわせて主体的に医療に参加し、協力する責任があります。
  • すべての方が適切な医療を受けられるようにするために、他の患者さんの診療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう、協力する責任があります。