横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

画像診断部

単純撮影検査

一般撮影

一般撮影とは、皆さんが腹痛や四肢の痛みなど訴えたときなどに撮影するX線写真のことで、胸部、腹部や骨・骨格の撮影を総した名称です。
胸部は、主に気管・肺の状態や心臓の大きさを、腹部については、お腹のガスの状態や結石の有無などが撮影の目的になります。
骨・骨格の撮影は、整形外科などが中心であり、骨の状態や骨折の有無が撮影の目的になり、頭や頚部、脊椎から指の先までどの骨も対象となります。

画像 画像
豆知識

レントゲンとはもともとX線を発見した人の名であり、本来はX線写真と呼びます。しかしX線写真というより皆さんには、レントゲン写真として広まっていますね。

お願い

立体の撮影部位を平面の写真にするため、お腹の撮影でも背中のカイロや金属は写りこんでしまいます。撮影する部位の金属・プラスティックなどは全てはずしてください。

乳房撮影(マンモグラフィ)

概要
写真

乳房撮影は一般的には、マンモグラフィと呼ばれています。
胸部や骨部のX線検査などと原理はまったく同じで、乳房にX線を当て、そのX線の吸収の差を写し出すものです。しかし、乳房は全体が柔らかい組織で吸収差が少ないため、良いX線写真を撮るためには専用のX線装置を使う必要があります。
当施設では、デジタル方式の最先端機種:FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載した装置を導入し、検査を行っています。
視触診や超音波では見つけにくい早期乳がんの発見に有効です。触診ではわからないような小さな乳がんやしこりを伴わない乳がんを、乳がんの初期症状の1つである「微細石灰化」で映し出すことが、優れた特徴です。

撮影枚数は、2~4枚程度。
検査所要時間は、5~10分程度かかります。
撮影は、NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会による撮影技術講習会を受講した放射線技師が行っています。

特徴
写真

乳房を挟んで、出来るだけ薄くした状態で撮影します。
薄く伸ばして撮影するのは次のような理由があります。

  • 乳房の厚さを均一にすることにより細かな部分まで映し出せる。
  • 体の動きによるブレ・ボケを防ぐ。
  • 放射線の被ばく量を少なくできる
    (厚さが1cm薄くなると被ばく量は50%軽減されます)。
補足

[NPO法人 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会]
日本乳癌検診学会・日本医学放射線学会・日本放射線技術学会・日本乳癌学会・日本産科婦人科学会・日本医学物理学会の6組織から成る団体でマンモグラフィ検診の精度を保つための活動を目的にしている。
ホームページ http://www.mammography.jp/

血管撮影検査

血管撮影検査

血管造影検査室では、頭、心臓、肝臓などの全身の血管を撮影することができます。MRIやCTなどの他の検査からの情報をもとに、血管や腫瘍の 療を行っています。 検査は、カテーテルという細い管から造影剤を注入して撮影します。造影剤が体の中に入ると、少し熱いと感じることがありますが、血液の流れとともに消えてゆきます。
動脈からの検査、治療では、終了後の安静が出血予防の為に大切です。

画像

造影検査

画像

造影検査とは、はっきりとした像が得られないとき造影剤を使用して、目的の血管や臓器を写し出す検査です。
造影剤には注射するもの、飲むものなど、さまざまなものがあります。

IVP(排泄性腎盂尿路造影)

排泄性腎盂尿路造影検査とは、造影剤を静脈に注射して、経時的にX線撮影し、腎・尿管・膀胱における異常を判定する検査です。

画像
ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)

内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査とは、カテーテルを十二指腸乳頭部に挿入し、造影剤を膵管や胆管に直接注入して画像をえる検査です。。

上部消化管造影検査(胃・食道・十二指腸)

一般的には、胃部レントゲン、上部消化管レントゲンなどと呼ばれています。
胃を膨らませ、造影剤:硫酸バリウム(白い液体)を飲んで、 胃の形、粘膜面を撮影する検査です。
バリウムは昔と比べてかなり飲みやすく、服用量も少なくなってます。
検査所要時間は、通常7~10分程度ですが、精密検査などでは20分程度かかることもあります。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

【検査の手順】

  • 胃を故意的に膨らませるために、『発泡剤』と呼ばれる顆粒を少量口に含み、水で飲みます。
    *ゲップが出そうになりますが、出さないようにご協力お願いします。
    *ゲップが出てしまった場合は、再度『発泡剤』を飲むこともありますのでご了承ください。
  • 放射線技師の合図で、バリウム(約150ml)を飲みます。
    ⇒このとき、食道の撮影を行います。
  • 検査台の上で、2~3回転の寝返りを行います。
    ⇒バリウムを胃壁全体に付着させると共に、胃壁に付着していた胃液を洗い流します。
  • 撮影が始まりますと、撮影台の上で身体の向きを変えていただくよう放射線技師が合図をします。
    *様々な方向から撮影を行うためですので、ご協力をお願いします。
  • 撮影の際は、その都度、呼吸を止めていただく合図をします。
    *お腹が動いてしまうと、撮影が綺麗にできませんので、しっかり呼吸を止めましょう。
  • 検査後は、なるべくたくさんの水と一緒に下剤を飲み、バリウムが固まる前に体外に排出してください。 *検査後すぐに飲食が可能です。
    *2~3日間はたくさんの水分を摂り、排便の色が茶色に変わるのをきちんと確認しましょう!
下部消化管造影検査(大腸・直腸)

一般的には、大腸レントゲン、大腸X線、注腸などと呼ばれています。
お尻から造影剤と空気を注入し、2m程ある大腸全体の形、粘膜面を撮影する検査です。
造影剤は、上部消化管造影検査と同様に硫酸バリウム(白い液体)などを使用します。
検査所要時間は、大腸の長さ・走行によって異なりますが、20分程度かかります。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

造影剤についての注意点
造影剤の副作用が起きる場合があります。症状としては吐き気、嘔吐、発疹、また稀に呼吸困難など重篤な場合もあります。検査中、少しでも気分が悪くなったり、何か異常を感じたらすぐ担当者に知らせてください。また、検査後(数時間から数日後)も異常を感じたらすぐ病院に連絡してください。

アレルギー体質、心・腎・呼吸疾患などで水分制限のある方は医師、または看護師にお申し出ください。

骨密度検査

画像

骨密度(骨塩量測定)検査とは、骨の中にあるカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分の量を測定するものです。

このミネラル成分が不足してくると、骨がもろくなり(骨粗しょう症)、骨折しやすくなります。
一般的に20代でピークを迎え徐々に低下していく傾向にあり、とくに女性の場合は更年期に入って女性ホルモン(丈夫な骨の維持を助ける役割を持つ)の分泌が急激に減少することで骨密度も低下しやすくなります。
骨密度測定にはいくつかの測定方法があります。

  • X線フィルムを用いたMD法
  • 超音波を利用した超音波法
  • CTスキャンを用いたQCT法
  • RI(放射性同位元素)を用いたDPA法
  • 高、低2種類のX線を照射し、その透過強度の差から骨密度を計算するDEXA法

この中で最も精度の高いデータを得られるのがDEXA法(Dual Energy X-ray Absorp-tiometry)です。
当院ではDEXA法を用いて骨密度の検査を行っています。

CT (computed tomography)検査

画像

CT検査とは、CT装置の中心にある大きな穴に体を入れて、X線をあてることで、体の中の様子をコンピュータで画像にする検査です。
造影剤を使わない単純検査と造影剤を注射して撮影する造影検査の2種類の検査法があります。

造影CT検査について

CT検査は造影剤なしでもできますが、造影剤を注射しながら検査することにより、更に詳しく体の状態を知ることができます。
造影剤は比較的安全な薬ですが、他の薬と同様に過敏症による副作用が出現することがあります。
体質や持病によって副作用がでやすいこともあるので、次に該当する方は必ず事前におしらせください。

  • 過去に造影剤を使用したことがあり、その際に気分が悪くなった
  • アレルギー(気管支喘息、食物・薬などによる蕁麻疹、アトピー)がある
  • 心臓病、腎臓病、甲状腺などの病気がある
画像

MRI検査

画像

MRIとは、Magnetic Resonance Imagingの頭文字をとったもので、日本語では磁気共鳴画像と呼ばれています。
放射線は使用せず、強力な磁石と電磁波を用いて、からだの各組織に存在する水素原子からの信号を取り出し、からだの内部を画像化します。
検査中は大きな音がしますが、細い筒の部分に寝ているだけで、あらゆる方向の断面像を撮影できます。
検査時間は部位や内容によって15~30分程度かかります。

画像画像

核医学検査(RI検査)

核医学検査とは、臓器や組織に特異に集まる(*)放射性医薬品を体内に投与し、それから放出されるガンマ線を体外から測定装置(ガンマカメラ)によって、画像化する検査です。
なお、妊娠の可能性のある方、授乳中の方は事前にご相談ください。
*放射性医薬品:微量の放射線(ガンマ線等)を放出する物質を含んだ薬

骨シンチ検査

検査の目的
全身骨の病気の発見や、治療後の経過観察などで行われる検査です。
検査方法
腕より、1~2ml程度の放射性医薬品を注射し、3~4時間後に約30分間ベッドに寝ていただき撮影を行います。
患者さんに協力していただくこと

  • きれいな画像を得るために、検査直前に排尿をしていただいています。
  • 検査の際には、時計・めがね・ベルト・ポケット内に入っている金属のものなどを身辺からはずしていただきます。
  • この検査には、食事の制限などはございません。
ガリウムシンチ検査

検査の目的
全身の炎症や病気を調べる検査です。
検査方法
腕より、1~2ml程度の放射性医薬品を注射し、3日後に再度来院していただき、約45分間ベッドに寝ていただき撮影を行います。
患者さんに協力していただくこと

  • きれいな画像を得るために、検査当日になるべく排便をしていただいています。
  • 検査の際には、時計・めがね・ベルト・ポケットに入っている金属のものなどを身辺からはずしていただきます。
  • この検査には、食事の制限などはございません。
負荷心筋シンチ検査

検査の目的
運動や薬剤によって負荷をかけて、心臓の筋肉に血流異常がないかを調べる検査です。
検査方法
心臓に負荷をかけるため、心電図・血圧計をつけた状態でペダルを漕ぎます。心臓に負荷がかかった状態で、腕より1~2ml程度の放射線医薬品を注射し、約10分後に検査台に寝ていただき、両腕を挙上した状態で約15分の撮影を行います。
午後に、再度、RI検査室に来ていただき、午前中と同じように約15分間の撮影を行ないます。

  • 午前と午後の2回、撮影を行います。
  • 検査の際には、時計・めがね・ベルト・ポケットに入っている金属のものなどを身辺からはずしていただきます。
  • 朝食から検査終了まで食事をとることはできません。
  • 検査当日の薬は飲まずに、持参してください。

PET-CT検査

画像

PETとは、Positron Emission Tomographyの略でポジトロン(陽電子)という放射線を放出する薬を投与し、特殊なカメラで画像化する検査です。当院に導入されているPET-CT装置では、PET 不得意とする位置情報をCTで補う機能を搭載しています。
なお、妊娠の可能性のある方、授乳中の方は事前にご相談ください。

検査の流れ
画像

腕より、FDGというブドウ糖によく似た放射性医薬品を注射し、1時間安静にしていただいたのちにベッドに寝ていただき約30分間の撮影を行います。検査予約時間(来院時間)から、退室までは約3時間程要します。

患者さんに協力していただくこと

  • 前日より、飲酒はお控えください。
  • 前日より、激しい運動や長時間の歩行はお控えください。
  • お食事は検査時間の5時間前までに軽くお済ませください。
  • 検査当日は、水やお茶などの摂取はかまいませんが、お菓子やスポーツ飲料など糖分を含むものの飲食は避けてください。
  • 検査当日は、水またはお茶を500ml程度お持ちください。
  • きれいな画像を得るために、検査直前に排尿をしていただいています。
  • 検査の際には、検査衣に着替えていただき、時計・めがね等の金属は身体からはずしていただきます。
  • 検査後約10時間は乳幼児や妊産婦との接触をできるだけ控えてください。
検査の流れ
画像
  • 閉所恐怖症の方は事前にご相談ください。
  • インスリン注射をなさっている方では、インスリンの種類を一時的に変更することもあります。
  • 検査前の血糖値が200mg/dl以上の場合は検査を中止することがありますのでご了承ください。