横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

がんセンター

センター紹介

岡本浩明医師 岡本 浩明 医師

 当院は長年にわたるノウハウを活かしたがん検診事業の実施、平成18年8月の「地域がん診療連携拠点病院」の指定、平成21年5月の緩和ケア病棟オープン等、これまでもがん診療体制の充実に努めてきました。平成27年4月には診療科と部門が横断的かつ一体的に、より専門的ながん診療体制の強化・充実を図ることを目的に「がんセンター」を設置しました。
 今後とも、検診から緩和ケアまでのがん疾患に対する専門的な取り組みや相談対応等のがん患者さんへの支援、また、がん登録情報の適切な管理運用に積極的に取り組み、患者さんや地域のニーズに応じたがん診療体制の充実を図ってまいります。

がん診療

 がんを扱うすべての診療科、薬剤部、看護部、緩和ケアチームなどが有機的に連携し、それぞれの専門領域の知識を集約して、抗がん剤治療、手術、放射線治療など多くの選択肢がある中で、患者さんの状態に応じた、最適ながん治療の提供に努めています。また、苦痛を緩和するために入院が必要な方に緩和ケア病棟(20床)を設置するほか、多職種で構成されるがん診療サポートチームや緩和ケアチームが、患者さんの様々な苦痛緩和に努めています。
 また、最適ながん治療の提供や、患者さんのQOL(生活の質)を考慮した治療方針決定のためには、担当科の医師だけでなく、多職種での検討が必要です。当院でも担当科医師以外に関係各科の専門医や各医療スタッフが加わって、一人の患者さんのがんの治療方針を多面的に検討するキャンサーボードを設置しています。
 さらに、安全な化学療法の提供に向けて、各診療科から申請されたがん化学療法レジメンを、がん診療部会において、医学的および科学的観点から評価し審査することで、レジメンの妥当性および安全性を確保しています。
 当院でがん治療を受けられた方が、退院後も地域のかかりつけ医との間で情報を共有し、安心して質の高い医療を継続的に受けられることを目指して「がん地域連携パス」を運用しています。

詳しくはがん診療のページをご覧ください。

当院のがん登録の状況

 市民病院でがんの診断・治療を受けた全ての患者さんについて、がんの診断、治療、予後に関する情報を登録することにより、当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上と患者さんの支援を行っています。
 また、毎年院内がん登録の集計結果等は病院ホームページにて公表するほか、国立がん研究センターにも必要な情報を提供し、全国集計に活用されています。

詳しくは院内がん登録のページをご覧ください。

がん検診のご案内

 併設したがん検診専門機関である「がん検診センター」において、一次検診(スクリーニング検査)から二次検診(精密検査)まで一貫した検査を実施しており、当院において診療を行う専門分野の医師がその経験を活かした視点から検診を行っています。
 検診項目は、横浜市がん検診事業の胃、大腸、肺、乳腺、子宮及び前立腺(50歳以上)と、病院独自の検診項目として肝胆膵、喉頭・咽頭、口腔、前立腺(40~49歳)、婦人科超音波検診、マルチスライスCTによる肺ヘリカルCT検診、全身を一度に検索できるPET-CT検診を実施しています。また、29年度からは新たに胃がんリスク検診(ABC検診)を開始しました。
 がん検診は全て事前予約制としています。予約は専用電話のほか、インターネットでも24時間予約を受け付けています。

詳しくはがん検診のページをご覧ください。

がん相談支援センター

 専門看護師等が、患者・家族からの“がん”に関する不安や疑問などにお応えしています。
 また、主治医以外にも意見を聞きたい方に向けて、セカンドオピニオンについての相談にも対応しています。
 さらに、「社会保険労務士」やハローワーク横浜から派遣された「就労支援ナビゲーター」と連携し、がん治療や療養生活と、就労の両立に向けた相談に対応しています。
 がんを経験された方の話を聞きたいという患者さんのニーズにお応えするため、月2回、自らがんを経験された方が、がん患者や家族からの相談に応じるピアサポートを実施しています。

実施内容 実施時間
がん相談支援センター業務ん 平日 9:00~16:30
「社会保険労務士」による就労相談 毎月第1木曜日
13:00~16:30
ハローワーク横浜「就労支援ナビゲーター」による相談 毎月第3木曜日
13:00~16:30
「ピアサポーター」による相談 毎月第2金曜日と第4水曜日
11:00~16:00
詳しくはがん相談支援センターのページをご覧ください。

がん地域連携パスの運用

 当院では、手術などの専門的治療を受けた後、その後の5年ないし10年の期間をかかりつけ医との間で、役割分担して外来治療や経過観察を行っていく体制の構築に向けて、「がん地域連携パス」を運用しています。
 現在は、5大がん(胃、肺、肝臓、大腸、乳)に加え、前立腺がんのパスを運用しており、新たに対象となる患者さんがいらっしゃった場合には、その都度、かかりつけ医の先生方にパスを用いた連携診療の実施について相談させていただいております。

公開講座等の開催

 がんに対する正しい知識とがん検診の普及啓発に向けて、年数回、市民向けの公開講座や、大学生など、若年層向けの出張講座を開催しています。また、医療従事者向けに緩和ケアの基本的な知識の習得に向けた、「緩和ケア研修」を開催しており、こちらは地域の医療従事者も参加可能となっています。
 肺がん検診実施医療機関等の医療従事者向けに、肺がん検診により発見された肺がん症例を解説する「肺がん症例報告会」を開催しています。

当院における研修受講医師の一覧はこちら

主な実績

がん検診受診者数
検診項目 受診者数 がん発見者数
1,767 1
胃内視鏡 603 4
胃(ピロリ菌検査) 92 -
胃(ABC検診) 69 -
3,154 4
肺(ヘリカルCT) 675 2
喉頭・咽頭 1,075 0
大腸 3,440 4
肝胆膵 3,309 1
子宮 2,730 2
婦人科超音波 2,503 1
乳腺 2,650 14
前立腺 1,424 4
口腔 507 1
PET-CT 52 1
24,050 39

*胃(ABC検診)は29年8月より開始
*がん発見者数は平成29年7月末時点の発見者数

医師紹介

担当医師一覧
岡本 浩明(オカモト ヒロアキ) センター長(呼吸器内科長、腫瘍内科長兼務)