横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

歯科口腔外科

診療科紹介

大澤 孝行 大澤 孝行 医師

口腔顎顔面およびその隣接組織に現れる形態的・機能的障害を扱う診療科です。この領域の障害では、物が咬めない、飲み込めない、発音がしづらいなどの機能的障害に加え、顔貌が歪んでいるなどの審美的な障害が生じます。
口の中や顔、顎が痛い、腫れた、顔の形がおかしい、口が開かない、物が上手に咬めない、飲み込めない、味がわからない、舌が痛い、しみる、口内炎が治らない、口が渇くなどの症状がありましたら1度ご相談下さい。

対象疾患:腫瘍(良性腫瘍、口腔癌)、顎変形症(うけ口、出っ歯など)、骨折、化膿症(う食や歯槽膿漏で顎や顔が腫れて痛い)、唇顎口蓋裂(唇や顎が割れている)、顎関節症、口内炎、口腔乾燥症、睡眠時無呼吸症候群、インプラントなど

歯科口腔外科では、一般医学の幅広い知識を持った歯科医師が顎口腔領域に生じる形態的、機能的障害を対象として診療を行っております。

なお、一般的な歯科治療(虫歯、入れ歯、歯槽膿漏など)については、原則として、当院に入院中の方、他院では治療が困難で紹介状をお持ちの方を対象としていますので、それ以外の患者さんについては、当科受診後、他院へ紹介させていただく場合があります。

対象疾患
  • 口腔腫瘍、舌癌、歯肉癌、顎のう胞、粘液のう胞
  • 顎顔面外傷、(舌や口唇の裂傷、歯の破折・脱臼、上あごや下あごの骨折など顎運動機能の回復を優先とした治療を行います。)
  • 炎症疾患(顎骨炎、口底炎、歯性上顎洞炎)
  • 唾液腺の病気-唾石症、顎下腺炎などの化膿症、耳下腺腫瘍などの腫瘍。
  • 顎関節疾患(顎関節症-あごを動かすと痛い、音がする、口が開かない
  • 顎関節脱臼-口が閉じられなくなる。習慣性のものは介護施設入所者などご高齢の方にしばしば認めますが、再発のない治療も可能です。)
  • 顎変形症(うけ口、出っ歯、顎が左右に曲がっている、上下の歯が噛まない)
  • おや知らず、埋伏歯(もぐっている歯)の抜歯。静脈内鎮静法、全身麻酔下の抜歯も行ないます。
  • 口腔粘膜の病気(口内炎、口腔乾燥症、扁平苔せん、白板症、口腔真菌症)
  • 三叉神経痛(主に末梢性)
  • 口腔心身症-舌、口腔内、顎顔面の疼痛(舌痛症)、口臭(自臭症)、味覚異常など
  • 歯科インプラント治療(骨が不足している場合は骨増生も行います)。
  • 口腔装置によるいびき治療、睡眠時無呼吸症の治療睡眠時無呼吸症候群-口腔装置または口腔手術による対応。
  • 唇顎口蓋裂-他科と連携し集学的に対応させていただいております。

口唇口蓋裂は形成外科、小児科等と共に集学的治療を行っており当科では口蓋形成、顎堤形成を主に担っています。口蓋形成では中顔面の劣成長を引き起こさないよう術式を考慮しています。

顎変形症に対しては術後の顎間固定期間を極力短くし、入院期間の短縮をはかっています。平均入院日数は術後8日です。上下顎に及ぶ手術の際には自己血輸血を適応しています。

口腔癌などの悪性腫瘍に対しては原則として術前動注化学療法または動注化学療法併用放射線療法を適応しています。追加治療としての手術療法は低侵襲とし術後のQOLを確保しています。

再建は形成外科が担当し遊離組織移植による再建が主となります。5年生存率はステージIおよびIIは80~90%台、ステージIIIおよびIVは50~60%台です。

外来のご案内

外来医師一覧表(PDF)でご確認ください。
担当医師については手術等により予定が変更になることがあります。
(毎月曜日、第1、5水曜日は担当医師が手術日となっております。)

口腔がんについて

口腔癌あれこれ
上顎歯肉癌
上顎歯肉癌
下顎歯肉癌
下顎歯肉癌
口腔底癌
口腔底癌
上顎洞癌
上顎洞癌
頬粘膜癌
頬粘膜癌
舌癌
舌癌

当科では以下の如く口腔がん治療に取り組んでいます。  基本的には「口腔癌診療ガイドライン」に準拠した治療方針となります。例えば、舌癌治療などはその指針に従えば、手術療法が主体となりますが、社会的背景やがんの進行度なども考慮した個別化治療を提示させていただいております。

当科の口腔がん治療の指針 - がんの進行度に応じて分けられる -

早期癌

進行癌

口腔癌 Q&A
口腔癌の罹患数は?
我が国の口腔癌罹患者数は7800人ほど。
全癌の約1%、頭頚部癌中では約40%である。
男女比は3:2で男性に多い。
口腔癌の好発部位は?
我が国の口腔癌の好発部位は舌である。
舌ー60%、下顎歯肉ー11%、頬粘膜ー9%、口底ー9%、上顎歯肉ー6%程度となっている。
口腔癌の危険因子は?
喫煙、飲酒、慢性の機械的・化学的刺激、ウイルス感染があり、最大の危険因子は喫煙とされている。慢性の刺激とは歯列不正歯、う蝕に対する不良修復物、義歯などによる刺激を指す。
前癌病変とは?
「明らかに癌が発生しやすい形態的な変化を呈した病変」と定義される。白板症や紅板症がある。
白板症の癌化率は3~15%程度である。
再発、転移とはどのような状態ですか。
再発・・・目に見える大きさの癌がなくなった後、再び癌が出現すること。
転移・・・がん細胞が別の臓器に移動し、増えること。
早期癌の再発率は10~20%、進行癌では20~48%が再発するといわれています。
再発転移症例では、その80%は1年以内に再発し、また80%は2年以内に転移が認められている。
口腔がん治療における口腔ケアは有用か?
手術療法や化学放射線療法を受ける際に、口腔ケアを積極的に行うことにより合併症の発生を減少させることが出来る。

ベトナム社会主義国における医療支援活動

当科の科長である大澤は2003年より、ベトナムで唇顎口蓋裂患者に対し、手術による医療支援活動を行っている。
その活動に於いては国際口唇口蓋裂協会が提唱する人道的医療援助のガイドラインに則って進められている。
平成27年までに570名ほどの手術支援を行ってきている。


活動は多数の支援者の賜であり、現地の麻酔科医、小児科医そしてコ・メディカルスタッフの協力の下、韓国の延世大学、全北大学の口腔外科医らとともに施行している。
その功績により団長の山本忠先生(元豊橋市立市民病院口腔外科部長)は昨年(平成27年)医療功労賞を授与されている。また、大澤もベトナム、クワンナム省より感謝状を頂くに至っている。
今後も可能な限り活動を継続させ、そして活動に賛同を頂ける同志が増えることを願う次第である。

クアンナム総合病院

代表症例

口唇口蓋裂について
口唇口蓋裂とはどのような病気ですか。
唇や口蓋(上あご)をつくる突起同士の癒合が起こらなく、披裂が残存してしまった状態。すなわち全ての人が元来口唇口蓋裂の状態であった。
原因は何ですか。
詳細はまだ分かっていません。
遺伝因子のみで発症することは無いと考えられている。環境因子も非常に重要であると言われており、すなわち、どの夫婦間にでも、この病期の赤ちゃんが生まれてくる可能性がある。
発症頻度は。
日本では500〜600人に1人の割合です。黄色人種は高く、黒人は最も低い。白人はその中間である。
予防方法は。
残念ながら特別な予防方法は確立されていない。
現状では、妊娠の可能性がある場合は、一般的な規則正しい生活をこころがけていただく事となる。
治療の流れ

周術期口腔ケア

口腔ケアは、術後肺炎予防に始まり、創部感染予防、心血管系疾患、糖尿病、脳卒中等のさまざまな場面でその効果が報告されてきました。なかでも、がん患者における口腔ケアはその有用性が認められています。当院では平成26年1月から周術期における口腔ケアの拡充を行い、積極的に口腔ケアを実施します。

周術期口腔ケア

周術期口腔ケアパンフレットはこちら
手術に伴うもの 化学療法に伴うもの

実績

2012年度の外来患者数は4,059人で初診の患者さんは945人です。年間の入院症例数は30~40例でそのうち中央手術室での手術症例は30例ほどです。埋伏智歯の抜歯等、外来小手術件数は多数あります。中央手術症例は腫瘍性疾患(悪性腫瘍、嚢胞を含む)、外傷(骨折など)、先天奇形(口唇口蓋裂を含む)、顎変形症、埋伏智歯の抜歯などとなっています。

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
大澤 孝行(オオサワ タカユキ) 部長
卒業年:
平成4年
専門:
口腔外科
取得資格:
日本口腔外科学会認定専門医、抗菌化学療法認定歯科医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、神奈川歯科大学非常勤講師