• 当院で出産を
    考えている方

  • 初期臨床研修医・
    専攻医

  • 人間ドック・検診

  • かかりつけ医を
    探す

PICK UP

患者さん向け

能登半島地震被災地へのDMAT派遣に...

患者さん向け

2024年2月1日から有料個室の料金...

患者さん向け

正面玄関開錠時間及び再診受付開始時間...

イベント

≪小中学校の教員向け≫助産師による「...

患者さん向け

【開催終了】【2月1日開催】がんサロ...

患者さん向け

横浜市「ふるさと納税」返礼品に「検診...

患者さん向け

ドラマ『ミワさんなりすます』第30話...

患者さん向け

市民病院『スタッフインタビュー』更新

イベント

【オンライン開催】令和5年度 第78...

イベント

≪ 小・中学校向け ≫ 令和6年度「...

患者さん向け

【12月7日開催】がんサロンおしゃべ...

患者さん向け

紹介受診重点医療機関に指定(令和5年...

045-316-4580(代表)

〒221-0855 
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町1-1

顎関節症とは

あごの関節や、くちでモノを噛むときに使う筋肉(咀嚼筋群)の疼痛や関節雑音(カクカク、ジャリジャリなど)、開口障害もしくはあごの運動障害を症状とするものの総称です。
いくつかの症状がそれぞれ単独、もしくは複合的に組み合わさっている疾患です。

症状

  • モノを噛む筋肉の疼痛(咀嚼筋痛障害)
  • 耳の前あたりを押すと痛い、口の開け閉めで痛い(顎関節痛障害/顎関節円板障害)
  • 顎関節の一部変形を認める(変形性顎関節症)

診断

噛みしめや歯ぎしりなどを含め生活習慣から症状が起きることも多いため問診をしっかり行います。加えて、視診や触診及び必要に応じてレントゲン検査、CT検査、MRI検査などを行います。

治療法

顎関節症の治療目標は、疼痛の改善、機能の回復、正常な日常生活の回復、となります。

生活習慣(噛みしめ、歯ぎしり、固い食べ物が好きなど)から引き起こされていることも多く、まずは生活を見直していただき、なるべくあごを使いすぎないような生活を送っていただきます。加えて、下記を併用して加療します。

  1. 薬物療法
    あごや筋肉の痛みに対し、鎮痛薬や筋弛緩薬などを組み合わせる方法です。
  2. スプリント療法(マウスピース)
    マウスピースを装着することによりあごへの過重負担の軽減、噛む筋肉の緊張緩和を図ります。
  3. 理学療法
    ①物理療法:筋肉のマッサージを中心とした治療法です。(マイオモニターなど)
    ②運動療法:筋肉のストレッチを中心とした治療法です。(開口訓練など)
  4. 外科的療法(手術が必要なことは稀です)
    顎関節周囲に注射の麻酔を行い洗浄や、必要に応じて全身麻酔下で手術を行う方法です。

解説

歯科口腔外科長 大澤 孝行

歯科口腔外科はこちら
診療科・部門・センター
  • 当院で出産を考えている方
    当院で出産を
    考えている方
  • 初期臨床研修医・専攻医
    初期臨床研修医・
    専攻医
  • 予防医療
    予防医療
  • 地域医療機関検索
    地域医療
    機関検索
  • 受付時間
    (初診の方)

    8:00~11:00

    ※診療開始時間 午前8:45

    外来担当医師・
    休診情報一覧
  • 休診日

    土曜、
    日曜、国民の祝日、
    年末年始(12月29日〜
    1月3日)

PAGE
TOP

採用情報 RECRUIT

研修医・専攻医 RESIDENTS RECRUIT