横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

皮膚科

診療科紹介

堀内 義仁 堀内 義仁 医師

 皮膚科は常勤4名体制(専門医2名)で地域から求められる皮膚疾患全般に対応しています。当科では、全身麻酔が必要な大きな手術(皮膚悪性腫瘍、その他の良性腫瘍)を行っているほか、小さな手術や診断のために必要な皮膚生検を外来で数多く行っています。メラノーマについては、手術後の免疫療法や免疫チェックポイント阻害薬、分子標的薬による治療も行っています。腫瘍以外には入院治療を要する尋常性天疱瘡や水疱性類天疱瘡などの水疱症、重症型を含めた中毒疹・薬疹、皮膚感染症(帯状疱疹、蜂窩織炎など)など幅広く標準的な治療を行っています。
 また、種々の乾癬に対しては、ナローバンドUVBによる光線療法、分子生物学的製剤(バイオ製剤)による治療を行っています。なお、ペインクリニック、美容関係、レーザー、巻き爪のワイヤーの治療は行っておりません。

主な対象疾患

当科では、美容関係や帯状疱疹後神経痛を除き、幅広い疾患に対応しております。
 ・皮膚腫瘍(メラノーマを含む)
 ・乾癬
 ・帯状疱疹(初期・急性期)

外来のご案内

 平日午前に一般外来、午後に外来手術(月・木)、専門外来(火・金、予約制)、中央手術(水)を行っています。なお、ご紹介の新患枠は特に設けておらず一般予約外来の中で診ております。

担当医師
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
堀内 義仁 初・再 初・再 初・再 初・再 初・再
磯田 祐士 初・再 初・再 初・再 初・再 初・再
中尾 恵美 初・再 初・再 初・再 初・再 初・再
専門
外来
外来手術
光線療法

実績

手術実績

 平成29年の1年間の手術件数は、中央手術・外来手術を合わせて465件で、内訳は中央手術:76件、外来手術:389件(うち、皮膚生検:89件)を施行しました。悪性・良性の別では、悪性腫瘍:72件(1患者の複数回手術の重複を含む)、良性腫瘍:320件、その他の手術:73件でした。悪性腫瘍と代表的な良性腫瘍手術の内訳を表に示します。

悪性腫瘍手術 件数
基底細胞癌 18
ボーエン病 13
有棘細胞癌 12
間葉系悪性腫瘍 7
日光角化症 6
パジェット病 6
悪性黒色腫 3
転移性皮膚癌 3
リンパ腫 3
その他 2
合 計 72
良性腫瘍手術(上位10 腫瘍) 件数
粉瘤腫 97
色素性母班 35
脂肪腫 31
脂漏性角化症 25
肉芽腫(毛細血管拡張性肉芽腫など) 23
石灰化上皮腫など 14
血管腫など 14
皮膚線維腫 12
神経線維腫 11
血管脂肪腫 11
疣贅(ミルメシア等) 10
軟性線維腫 8
入院治療実績

 平成29年の1年間では、計203名(重複あり)に対して入院治療を行いました。帯状疱疹(49名)や蜂窩織炎・丹毒(30名)などの感染症、皮膚悪性腫瘍(28名)と皮膚良性腫瘍(40名)の手術対象患者が多いことが特徴です。疾患群別の入院内訳を表に示します。

光線治療(ナローバンドUVB)

 平成29年の1年間にナローバンドUVBによる光線療法を、尋常性乾癬、痒疹、掌蹠膿疱症、紅皮症、斑状類乾癬、菌状息肉症に対して、計226回行いました。

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
堀内 義仁(ホリウチ ヨシヒト) 科長 部長
卒業年:
昭和62年
専門:
皮膚科一般
取得資格:
日本皮膚科学会認定専門医
磯田 祐士(イソダ ユウジ) 副医長
卒業年:
平成18年
専門:
皮膚科一般
取得資格:
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
中尾 恵美(ナカオ エミ) 臨床研究医
卒業年:
平成24年
専門:
皮膚科一般
新村 智己(ニイムラ トモキ) 臨床研究医
卒業年:
平成26年
専門:
皮膚科一般