• 当院で出産を
    考えている方

  • 初期臨床研修医・
    専攻医

  • 人間ドック・検診

  • かかりつけ医を
    探す

PICK UP

患者さん向け

【重要】入院患者さんへの面会禁止につ...

イベント

かながわ看護フェスティバル2024「...

患者さん向け

2024年9月2日からの初診時紹介制...

患者さん向け

バスの夏季ダイヤ運行にご注意ください

患者さん向け

「七夕そうめん」を提供させていただき...

イベント

親子で参加・夏休みの自由研究に!「健...

患者さん向け

【再周知】正面玄関開錠時間及び再診受...

患者さん向け

救急患者の受入制限について【6月21...

患者さん向け

職員で病院周りの植栽の手入れを行いま...

イベント

<申し込みは終了しました>「高校生1...

患者さん向け

当院職員が人命救助を行い、表彰されま...

イベント

「看護の日」記念行事を開催します

045-316-4580(代表)

〒221-0855 
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町1-1

粉瘤とは

粉瘤は、顔面、体幹、四肢など有毛部(毛の生えている部位)に生じることが多い皮膚の良性腫瘍です。多くは毛包漏斗部(毛の入り口の部位)の上皮成分が真皮内に入り込むことで上皮成分に取り囲まれた嚢腫壁(袋状の構造)が作られ、嚢腫壁が増殖して作られた角質成分が嚢腫壁の内部に貯留しています。ドーム状に隆起した腫瘍の中央には、嚢腫壁の入り口に相当する面皰(コメド)がみられることがあります。

症状

嚢腫壁の内部に貯留した角質成分が時間の経過と共に増加することにより腫瘍が大きくなります。また、嚢腫壁が破れて内部の角質成分が真皮内に漏れ出ると強い炎症が引き起こされて急に赤く腫れて大きくなることがあります。

診断

ドーム状に隆起した腫瘍の形態、腫瘍に中央に面皰を確認できれば診断できます。腫瘍の外観(見た目)だけでは診断が難しい場合は、超音波(エコー)検査を行い診断します。

治療法

腫瘍の大きさが小さい場合は、そのまま経過観察されることがありますが、時間の経過と共に大きくなっていくことが多いため、早めに手術で腫瘍を取り除くことが勧められます。
ただし、嚢腫壁が破れて内部の角質成分が真皮内に漏れ出て急に赤く腫れて大きくなっている場合には、赤く腫れている皮膚を切開して角質成分を洗い流すような皮膚切開術といった手術が必要となることがあります。このときは、皮膚を切開してできた傷の処置を行い、傷が落ち着いてから残っている腫瘍を手術で取り除くか検討します。

解説

皮膚科 科長 蒲原 毅

皮膚科はこちら
診療科・部門・センター
  • 当院で出産を考えている方
    当院で出産を
    考えている方
  • 初期臨床研修医・専攻医
    初期臨床研修医・
    専攻医
  • 予防医療
    予防医療
  • 地域医療機関検索
    地域医療
    機関検索
  • 受付時間
    (初診の方)

    8:00~11:00

    ※診療開始時間 午前8:45

    外来担当医師・
    休診情報一覧
  • 休診日

    土曜、
    日曜、国民の祝日、
    年末年始(12月29日〜
    1月3日)

PAGE
TOP

採用情報 RECRUIT

研修医・専攻医 RESIDENTS RECRUIT