横浜市立市民病院

戻る
HOME

がん検診センター

がん検診センターイメージ写真

がん検診センター

予約専用電話でのご予約はこちら
インターネットでのご予約はこちら

がん検診センターからのお知らせ

29年5月から、口腔がん検診を第2~第4水曜日にも実施します。ぜひご利用ください。 喉頭がん検診をご希望される方は必ずご確認ください。27年10月より、ファイバースコープによる喉頭・咽頭がん検診を開始します がん検診センターで預かり保育を実施します インターネット予約の確認メールが届かない方へ ヘリカルCTによる肺がん一次検診のご案内 がん検診センター担当医師一覧(PDF) がん検診センター土曜日検診日程(PDF) PET-CT検診のご案内(PDF) 28年11月からインターネットでも検診項目ごとの予約が可能となります(PDF)
インターネット予約の確認メールが届かない方へ

ドメイン指定や迷惑メールフィルターにより、ご予約受付の確認メールが届かない可能性があります。
届かない方はご自分のパソコン、携帯電話、スマートフォンの設定をご確認ください。

■メール受信設定のお願い
【ドメイン指定の場合】
「@city.yokohama.jp」ドメインのメール受信許可設定をしてください。
【メールアドレス指定の場合】
「by-gankenyoyaku@city.yokohama.jp」からのメール受信許可設定をしてください。
また迷惑メールフィルターを利用されている場合、メールが[迷惑メール]フォルダーに振り分けられることがありますので、メールを受信できるよう、フィルター設定をしてください。


ヘリカルCTによる肺がん一次検診のご案内

市民病院がん検診センターでは,ヘリカルCTを使用した肺がん一次検診を行っています。

 注意
肺がん一次検診 (1)直接X線撮影 (1)か(2)を選択してお申し込みください
(2)ヘリカルCT撮影
ヘリカルCT撮影と直接X線撮影の比較
 ヘリカルCT撮影直接X線撮影
特徴 胸を輪切りにしたX線画像を得られるため,骨・血管・心臓などの重なりがなく,肺内の病変が詳細に抽出されます。 胸を正面と側面の2方向からX線撮影します。そのため,骨・血管・心臓などとの重なりで不明な部分が生じる場合があります。
撮影方法
所要時間
検査台に横になった状態で数秒間の息止めを1回10秒間位行なう間に、5mm間隔で写真を撮影します。撮影は5分以内で終了します。 立った姿勢で,前向きと横向きに撮影します。撮影は3分程度で終了します。
ヘリカルCT撮影風景とCT画像による断面図
  • CT撮影風景
    CT撮影風景
  • 実際のCT画像
センターにおける実績 (平成6年度~20年度まで)
※平成20年1月より、撮影方式を間接X線撮影から直接X線撮影へ変更しています。
 ヘリカルCT撮影X線撮影
受診者数 5,431 48,741
発見がん 26 69
発見率 0.48% 0.14%
ヘリカルCTの検診料と結果のご通知

18,920円 (喀痰を追加の場合 22,590円)
(非課税・70歳以上の方の減免はありません。)
結果については、受診されてから3~4週間程度で通知いたします。

お申し込み(ヘリカルCTは,月~金実施)

他の一次検診と同様に予約専用電話(333-1581)までお申し込みください。

検診のご案内

がん検診とは
  • がんは、早期の場合には無症状のことが多く、症状が出た時には進行している場合があります。がん検診は無症状の方々を対象に検査を行い、がんを早期に発見し適切に治療することにより、がんで亡くなる方の数を減少させることを目的としています。
    したがって、なんらかの症状があって病院を受診する方の検査とは違い、スクリーニングテストを行って、「異常なし」と「精密検査が必要」にふるい分けをしています。なお、スクリーニングテストは、多数の方に受診していただけるよう、安全で簡便であり、なおかつ経済的にも優れたものが採用されています。 ただし、スクリーニングテストでも個人の既往歴やその日の体調により、まれに検査に伴う偶発症が起こることがあります。
  • すでに現在がんと診断され、治療されている方は、がん検診の対象とはなりません。
  • がん検診は、医療ではないので、健康保険は使用できません。しかし、検診により精密検査が必要となった場合は、健康保険の適用となり、定められた一部負担金をご負担いただくこととなります。
  • がん検診には、がんを早期に発見し治療することにより、がんから身を守るというメリットがある反面、次のようなデメリットもあります。
    1.第1に、がん検診によってがんが100%見つかるわけではありません。臓器によって多少異なりますが、検診によっては発見しにくいがんがあるため、数%程度がんを見つけることができない場合もあります。
    2.第2に、精密検査が必要となったことにより、身体に負担のある検査を受けることになるとともに、自分はがんではないかなどの不安を感じることがあります。
1年に1回、検診を受けましょう

がん検診センターでは、いろいろながん検診(10項目)を行っています。
「健康だから検診は必要ない」
「もし、がんとわかったら恐いから検診なんて受けない。」
…ちょっと待ってください。
検診とは、自覚症状のないような早期がんを発見するためのものです。
健康でも1年に1回、検診を受けましょう。
そして「早期発見・早期治療」。早く発見できれば、身体への負担も少ない治療もできるのです。

土曜日でも検診をお受けいただけます

平日お忙しい方でもがん検診を受けることができるよう、土曜日検診を実施しています。
ぜひご利用ください。

実施日: 原則毎月第2土曜日の午前
カレンダーや担当医師の関係により、実施週が異なる場合があります。
詳しくはがん検診センター土曜日検診日程(PDF)をご確認ください。

※奇数月の土曜日検診は女性専用検診となり、乳がん・子宮がん・婦人科超音波検診のみの実施となります。

結果のお知らせ
結果のお知らせ図

検診内容

胃がん検診
直接X線撮影方式です。造影剤(バリウム)を飲んで胃・十二指腸まで検査します。
大腸がん検診
便検査
2日間の便を採って血液の有無を調べます。
肝胆膵腎がん検診
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓の検査です。
血液検査(肝機能・肝炎ウィルス等を検査)と腹部超音波検査(超音波を腹部に当てて検査します。痛みはまったくありません。)を行います。
喉頭・咽頭がん検診
耳鼻咽喉科の医師が、喉の状態を検査します。特に飲酒、喫煙の多い方に受診していただきたい検査です。
なお、現在予約が取りづらくなっており、誠に申し訳ございませんが、何とぞご容赦くださいますよう、お願いいたします。
口腔がん検診
歯科口腔外科の医師が口腔内を視診し触って検査します。
肺がん検診
検査は1か2を選べます。

  • 直接X線撮影
    立った姿勢で、前向きと横向きの2方向からX線撮影をします。
  • ヘリカルCT撮影(自費検査になります)
    検査台に横になった状態で数秒間の息止めを1回10秒間位行う間に、7mm間隔で写真を撮影します。
    胸を輪切りにしたX線画像が得られるため直接X線撮影よりも骨・血管・心臓などとの重なりがなく、肺内の病変が詳細に描出されます。
前立腺がん検診
血液検査(腫瘍マーカーを測定します。)と前立腺症状スコア(問診で症状を確認します。)を行います。
乳がん検診
検診は生理開始日から2週間以内が適します。
検診は2年に1回となります。詳しくは予約時に確認してください。
  • 乳房X線撮影(マンモグラフィ)と視診・触診
    乳房専用のX線装置(マンモグラフィ)で撮影します。技師は原則女性が担当します。乳がん学会認定医が視診・触診します。
子宮がん検診
検診は生理中を避けてください。
検診は2年に1回となります。詳しくは、予約時に確認してください。
  • (1)子宮頸部
    子宮頸部の細胞を採って検査するとともに、内診します。
  • (2)子宮頸部と体部
    子宮頸部・体部の細胞を採って検査するとともに、内診します。
    婦人科超音波検診検診は生理中を避けてください。
    膣内に経膣エコーを挿入し、子宮と卵巣の検査をします。

PET-CT検診
PETとCTが一体となった装置で、一度の撮影で全身の画像をとることができます。

詳しくは→PET-CT検診のご案内(PDF)
検診項目と料金
市民病院がん検診センター検診料金表 (平成28年4月現在)
種別項目検診方法等検診料 ※1対象年齢検診料 ※2
横浜市
がん検診
直接X線撮影 3,140 40歳以上男女 14,040
内視鏡検査 3,140 50歳以上男女
子宮 【頸部】
内診、細胞診検査
1,360 20歳以上女性 6,710
【頸体部】
内診、細胞診検査
2,620 概ね50歳以上女性 12,330
乳腺 視診、触診
+マンモグラフィ(一方向)
1,370 50歳以上の女性 9,110
視診、触診
+マンモグラフィ(二方向)
40~49歳の女性
マンモグラフィのみ 680 他施設で
視触診受診の
女性
視触診 マンモグラフィの
対象とならない希望者等
3,040
直接X線撮影 680 40歳以上男女 6,960
大腸 便潜血反応検査 600 40歳以上男女 1,240
前立腺 血液検査、
前立腺症状スコア
1,000 50歳以上の男性 3,370

~検診の受診間隔は1年度に1回(胃(内視鏡)・子宮・乳腺は2年度に1回)となります~
※1 横浜市在住の方の料金です。
※2 横浜市外在住の方、対象年齢外の方、前回受診から必要期間を経過されていない方は自費での受診となります。

オプション検診
種別項目検診方法等対象年齢検診料
オプション
検診
前立腺 血液検査、
前立腺症状スコア
40歳~49歳の男性 3,370
喉頭・咽頭 ファイバースコープによる視診 40歳以上男女 4,760
口腔 視診、触診 40歳以上男女 1,260
肝胆膵 血液検査、
腹部超音波検査
40歳以上男女 7,680
婦人科
超音波
超音波検査(膣式) 20歳以上女性 4,380
ヘリカルCT撮影(自費) 希望 18,920
 +喀痰細胞診検査 22,590
PET-CT検診 PET-CT検査 104,290
結果説明 780
腫瘍マーカー 4,740
検診実施日
  • 午前
    実施曜日土(※)
    大腸(便検査)
    肝胆膵
    肺 ヘリカルCT
    喉頭・咽頭      
    口腔          
    前立腺
    子宮・
    婦人科超音波
         
    乳腺      
    PET-CT  
  • 午後
    実施曜日
    大腸(便検査)  
    肝胆膵  
     
    肺 ヘリカルCT  
    前立腺    
    子宮・
    婦人科超音波
         
    乳腺    
    PET-CT  

※土曜日の検診は、原則毎月第2土曜日のみ実施しています。詳しくはがん検診センター土曜日検診日程(PDF)をご確認ください。
※奇数月の土曜日検診は女性専用検診となり、乳がん・子宮がん・婦人科超音波検診のみの実施となります。
△:乳腺マンモグラフィのみ(他医療機関等で視診・触診を受けられた方)
○:実施日

検診を受けるには

予約について
検診はすべて予約制となっております。予約専用電話にてご予約をお受けしています。
予約専用電話 045-333-1581
受付時間 午前9時 ~ 午後4時45分
※土日祝日、年末年始を除きます。
受付開始日 検診を受ける月の前月初日から予約をお受けいたします。
(例)4月に検診を受けたい場合→3月1日から予約受付開始
※初日が土日祝日の場合はその翌日からとなります。
予約について (1)お名前 (2)生年月日 (3)カルテ番号(診療券をお持ちの方) (4)受診したい項目をお申し出ください。
  • 曜日により実施している検診項目が異なります。
  • 予約状況によっては、希望されるすべての項目を1日では受けられない場合がありますのであらかじめご了承ください。
  • 月初めはお申込みが集中し、電話が大変つながりにくくなっております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご了承くださいますようお願いいたします。

ご予約はインターネットでも受付ております。

検診のご案内が届きます

受診される日の10日から1週間程前に、郵送にて「検診のご案内」、「検診票」、「採便容器(大腸がん検診を受診される方のみ)」等をお送りします。当日はこれらのものをお持ちになってお越しください。 また、検診項目ごとに、検査を受けるにあたっての注意事項がありますので、 「検診のご案内」をよくご確認のうえ検査を受けられるようお願いいたします。(注意事項が守られていない場合、検診当日に検査が出来ないことがありますのでご了承ください。)

検診当日

当日は「検診のご案内」に記載されている受付時間までにお越しください。

がん検診に関するご相談は

045(331)1961(内線4105)
FAX 045(341)9781
※こちらの番号からのご予約の申込みは受付いたしませんのでご了承ください。
予約専用電話をご利用くださいますようお願いいたします。

がんに関する情報

国立がんセンターがん対策情報センターのホームページには、検診に関する情報をはじめ、がんに関する様々な情報が掲載されています。ご参照ください。 国立がんセンターがん対策情報センター