横浜市立市民病院横浜市立市民病院

  • 診療科・部門
  • 交通アクセス
  • フロアガイド
  • お問い合わせ
  • 寄付のお願い
  • English

メニュー

Clinical department

電話番号 045-316-4580

ブレストセンター

newsお知らせ

現在、お知らせはありません。

ブレストセンター始動

ブレストセンターが目指す目標

2022年10月、乳がんをはじめとした乳腺疾患に対し、多職種チームで包括的に治療・ケアを行うブレストセンターを立ちあげました。
センターのメンバーは、医師(乳腺外科、放射線治療科、形成外科、緩和ケア内科)、看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、作業療法士、管理栄養士、臨床心理士・公認心理師、医療ソーシャルワーカーなど多岐にわたります。
検診から診断、診断後の治療方針(手術・放射線・薬物療法の集学的治療)、脱毛や爪の変化などの副作用に対するケア、妊娠を望む場合や乳房の再建を望む場合の意思決定支援など、チームカンファレンスで包括的にディスカッションし、乳腺疾患に対する診療体制を強化し、標準治療、エビデンスに基づいた安全・安心な治療・ケアを提供します。

ブレストセンター連携図

ケースごとに最適化した乳がん治療で患者さんに伴走します

現在、日本女性の9人に1人が乳がんに罹患しているといわれています。

乳がんは、早期発見・治療により根治を望むことができます。乳がん治療の基本は、手術・放射線・薬物療法の集学的治療ですが、その際、患者さん自身が選択しなければならないことが多くあります。

全切除か部分切除か、再建を行う場合はいつ行いたいか、薬物療法では将来的に妊娠を望むかどうかの意思決定など、患者さん自身が、理解・納得して治療・ケアが受けられるよう、多職種でサポートしていきます。

また、当院には、がん看護外来(情報の整理や意思決定支援)、就労支援、リンパ浮腫に対するセラピストの介入、生活・仕事の継続のためのリハビリ、診断・再発時の心理的サポート、緩和ケアなどさまざまな支援体制が整っています。

患者さんと共に情報を整理し、一人ひとりの価値観や思いに沿った医療を提供し、入院・外来を通して包括的・多面的に患者さんの生活をサポートします。

「横浜市乳がん連携病院」として

当院は、2020年2月より「横浜市乳がん連携病院」の指定を受けています。地域医療機関と役割分担をしながら、乳がん検診や内服治療などの利便性を向上するとともに、最新治療や患者支援に関する市民向け啓発にも取り組んでいます。

乳がんの情報提供サイト「よこはま乳がん」

「横浜市乳がん連携病院」の医師や看護師が、医療者の視点で患者さんに「お伝えしたい」こと、患者さんやご家族が乳がんについて「知りたい」ことを調べることができる、情報ウェブサイトです。ぜひ、ご活用ください。

「よこはま乳がん」サイトへ

診療実績

医師/スタッフ紹介
石山 暁

石山 暁イシヤマ アキラ

科長 部長

卒業年 昭和58年
専門 乳腺外科
取得資格 日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医・専門医・指導医、日本乳癌学会乳腺専門医、検診マンモグラフィ読影認定医

鬼頭 礼子キトウ アヤコ

部長

卒業年 平成9年
専門 乳腺外科
取得資格 日本外科学会外科専門医、日本乳癌学会認定医、日本乳癌学会乳腺専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会修了、乳腺の超音波認定医(B認定)、日本乳房オレコプラスティックサージェリー学会乳房再建実施医

門倉 俊明カドクラ トシアキ

医長

卒業年 平成18年
専門 乳腺外科
取得資格 日本外科学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、乳がん検診超音波健診実施・判定医、日本乳房オレコプラスティックサージェリー学会乳房再建実施医

藤田 亮フジタ リョウ

医師

卒業年 平成28年
専門 一般外科
取得資格 検診マンモグラフィ読影認定医
小田切 一将

小田切 一将オダギリ カズマサ

科長 担当部長

卒業年 平成15年
専門 放射線治療
取得資格 日本医学放射線学会放射線治療専門医、日本放射線腫瘍学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

佐藤 瑞希サトウ ミズキ

副医長

卒業年 平成23年
専門 放射線治療
取得資格 日本医学放射線学会放射線治療専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
竹丸 雅志

竹丸 雅志タケマル マサシ

形成外科長代理

卒業年 平成24年
専門 マイクロサージェリー、リンパ浮腫、顔面神経麻痺
取得資格 日本形成外科学会形成外科専門医

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建用エキスパンダー/インプラント 施設代表責任医師

リンパ浮腫研修 E-LEARN修了

松原 舞マツバラ マイ

専攻医

卒業年 平成29年
専門 形成一般

勝連 伸一郎カツレン シンイチロウ

専攻医

卒業年 平成29年
専門 形成一般

沼田 真衣ヌマタ マイ

専攻医

卒業年 平成30年
専門 形成一般
斎藤 真理

斎藤 真理サイトウ マリ

科長 部長(緩和ケアセンター長 兼務)

卒業年 昭和63年
専門 緩和医療、総合診療、消化器内科、臨床死生学
取得資格 プログラム責任者講習会修了、日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、指導医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、指導医、日本スポーツ協会認定スポーツドクター、日本緩和医療学会認定医、指導医

天神 和美テンジン カズミ

副医長

卒業年 平成20年
専門 緩和医療、消化器、消化器内視鏡検査、在宅医療
取得資格 日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

倉持 智子クラモチ トモコ

医師

卒業年 平成15年
専門 緩和医療、ペインクリニック
取得資格 麻酔科機構専門医、産業医
外来担当医表
受付時間
  • 初診の方

    8:00~11:00

    ※診療開始時間 午前8:45

  • 再診の方
    【予約のない方】

    午前7:30~11:00

    ※午後は専門外来(予約制)

  • 再診の方
    【予約のある方】

    予約時間までに受付
    手続を
    お願いします。

ブレストセンター始動

ブレストセンターが目指す目標

2022年10月、乳がんをはじめとした乳腺疾患に対し、多職種チームで包括的に治療・ケアを行うブレストセンターを立ちあげました。
センターのメンバーは、医師(乳腺外科、放射線治療科、形成外科、緩和ケア内科)、看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、作業療法士、管理栄養士、臨床心理士・公認心理師、医療ソーシャルワーカーなど多岐にわたります。
検診から診断、診断後の治療方針(手術・放射線・薬物療法の集学的治療)、脱毛や爪の変化などの副作用に対するケア、妊娠を望む場合や乳房の再建を望む場合の意思決定支援など、チームカンファレンスで包括的にディスカッションし、乳腺疾患に対する診療体制を強化し、標準治療、エビデンスに基づいた安全・安心な治療・ケアを提供します。

ブレストセンター連携図

ケースごとに最適化した乳がん治療で患者さんに伴走します

現在、日本女性の9人に1人が乳がんに罹患しているといわれています。

乳がんは、早期発見・治療により根治を望むことができます。乳がん治療の基本は、手術・放射線・薬物療法の集学的治療ですが、その際、患者さん自身が選択しなければならないことが多くあります。

全切除か部分切除か、再建を行う場合はいつ行いたいか、薬物療法では将来的に妊娠を望むかどうかの意思決定など、患者さん自身が、理解・納得して治療・ケアが受けられるよう、多職種でサポートしていきます。

また、当院には、がん看護外来(情報の整理や意思決定支援)、就労支援、リンパ浮腫に対するセラピストの介入、生活・仕事の継続のためのリハビリ、診断・再発時の心理的サポート、緩和ケアなどさまざまな支援体制が整っています。

患者さんと共に情報を整理し、一人ひとりの価値観や思いに沿った医療を提供し、入院・外来を通して包括的・多面的に患者さんの生活をサポートします。

「横浜市乳がん連携病院」として

当院は、2020年2月より「横浜市乳がん連携病院」の指定を受けています。地域医療機関と役割分担をしながら、乳がん検診や内服治療などの利便性を向上するとともに、最新治療や患者支援に関する市民向け啓発にも取り組んでいます。

乳がんの情報提供サイト「よこはま乳がん」

「横浜市乳がん連携病院」の医師や看護師が、医療者の視点で患者さんに「お伝えしたい」こと、患者さんやご家族が乳がんについて「知りたい」ことを調べることができる、情報ウェブサイトです。ぜひ、ご活用ください。

「よこはま乳がん」サイトへ

診療実績

患者さんのご紹介について

市民病院では、紹介状をお持ちの患者さんの待ち時間短縮のために、電話で紹介患者さんの事前予約サービスを行う「紹介患者予約センター」を開設しています。

電話番号

045-316-6541(直通)

受付時間

月〜金曜日

9:00~17:00

※土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)
は受付しておりません。

ブレストセンター始動

ブレストセンターが目指す目標

2022年10月、乳がんをはじめとした乳腺疾患に対し、多職種チームで包括的に治療・ケアを行うブレストセンターを立ちあげました。
センターのメンバーは、医師(乳腺外科、放射線治療科、形成外科、緩和ケア内科)、看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、作業療法士、管理栄養士、臨床心理士・公認心理師、医療ソーシャルワーカーなど多岐にわたります。
検診から診断、診断後の治療方針(手術・放射線・薬物療法の集学的治療)、脱毛や爪の変化などの副作用に対するケア、妊娠を望む場合や乳房の再建を望む場合の意思決定支援など、チームカンファレンスで包括的にディスカッションし、乳腺疾患に対する診療体制を強化し、標準治療、エビデンスに基づいた安全・安心な治療・ケアを提供します。

ブレストセンター連携図

ケースごとに最適化した乳がん治療で患者さんに伴走します

現在、日本女性の9人に1人が乳がんに罹患しているといわれています。

乳がんは、早期発見・治療により根治を望むことができます。乳がん治療の基本は、手術・放射線・薬物療法の集学的治療ですが、その際、患者さん自身が選択しなければならないことが多くあります。

全切除か部分切除か、再建を行う場合はいつ行いたいか、薬物療法では将来的に妊娠を望むかどうかの意思決定など、患者さん自身が、理解・納得して治療・ケアが受けられるよう、多職種でサポートしていきます。

また、当院には、がん看護外来(情報の整理や意思決定支援)、就労支援、リンパ浮腫に対するセラピストの介入、生活・仕事の継続のためのリハビリ、診断・再発時の心理的サポート、緩和ケアなどさまざまな支援体制が整っています。

患者さんと共に情報を整理し、一人ひとりの価値観や思いに沿った医療を提供し、入院・外来を通して包括的・多面的に患者さんの生活をサポートします。

「横浜市乳がん連携病院」として

当院は、2020年2月より「横浜市乳がん連携病院」の指定を受けています。地域医療機関と役割分担をしながら、乳がん検診や内服治療などの利便性を向上するとともに、最新治療や患者支援に関する市民向け啓発にも取り組んでいます。

乳がんの情報提供サイト「よこはま乳がん」

「横浜市乳がん連携病院」の医師や看護師が、医療者の視点で患者さんに「お伝えしたい」こと、患者さんやご家族が乳がんについて「知りたい」ことを調べることができる、情報ウェブサイトです。ぜひ、ご活用ください。

「よこはま乳がん」サイトへ

診療実績

ブレストセンター始動

ブレストセンターが目指す目標

2022年10月、乳がんをはじめとした乳腺疾患に対し、多職種チームで包括的に治療・ケアを行うブレストセンターを立ちあげました。
センターのメンバーは、医師(乳腺外科、放射線治療科、形成外科、緩和ケア内科)、看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、作業療法士、管理栄養士、臨床心理士・公認心理師、医療ソーシャルワーカーなど多岐にわたります。
検診から診断、診断後の治療方針(手術・放射線・薬物療法の集学的治療)、脱毛や爪の変化などの副作用に対するケア、妊娠を望む場合や乳房の再建を望む場合の意思決定支援など、チームカンファレンスで包括的にディスカッションし、乳腺疾患に対する診療体制を強化し、標準治療、エビデンスに基づいた安全・安心な治療・ケアを提供します。

ブレストセンター連携図

ケースごとに最適化した乳がん治療で患者さんに伴走します

現在、日本女性の9人に1人が乳がんに罹患しているといわれています。

乳がんは、早期発見・治療により根治を望むことができます。乳がん治療の基本は、手術・放射線・薬物療法の集学的治療ですが、その際、患者さん自身が選択しなければならないことが多くあります。

全切除か部分切除か、再建を行う場合はいつ行いたいか、薬物療法では将来的に妊娠を望むかどうかの意思決定など、患者さん自身が、理解・納得して治療・ケアが受けられるよう、多職種でサポートしていきます。

また、当院には、がん看護外来(情報の整理や意思決定支援)、就労支援、リンパ浮腫に対するセラピストの介入、生活・仕事の継続のためのリハビリ、診断・再発時の心理的サポート、緩和ケアなどさまざまな支援体制が整っています。

患者さんと共に情報を整理し、一人ひとりの価値観や思いに沿った医療を提供し、入院・外来を通して包括的・多面的に患者さんの生活をサポートします。

「横浜市乳がん連携病院」として

当院は、2020年2月より「横浜市乳がん連携病院」の指定を受けています。地域医療機関と役割分担をしながら、乳がん検診や内服治療などの利便性を向上するとともに、最新治療や患者支援に関する市民向け啓発にも取り組んでいます。

乳がんの情報提供サイト「よこはま乳がん」

「横浜市乳がん連携病院」の医師や看護師が、医療者の視点で患者さんに「お伝えしたい」こと、患者さんやご家族が乳がんについて「知りたい」ことを調べることができる、情報ウェブサイトです。ぜひ、ご活用ください。

「よこはま乳がん」サイトへ

診療実績

診療科・部門・センター
  • 当院で出産を考えている方
    当院で出産を
    考えている方
  • 初期臨床研修医・専攻医
    初期臨床研修医・
    専攻医
  • 予防医療
    予防医療
  • 地域医療機関検索
    地域医療
    機関検索
  • 受付時間
    (初診の方・予約のない方)

    8:00~11:00

    ※診療開始時間 午前8:45

    外来担当医師一覧
  • 休診日

    土曜、
    日曜、国民の祝日、
    年末年始(12月29日〜
    1月3日)

Accessアクセス情報

〒221-0855 
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町1-1

バスでお越しの方

バス停「市民病院」下車 ※令和2年5月2日に新設
横浜駅西口から 市営87系統又は34系統(平日の日中のみ)
東神奈川駅から 市営88系統(東神奈川駅西口~東横反町駅前~三ツ沢上町前~市民病院)
保土ケ谷区内や相鉄線沿線から 208系統(横浜駅西口~和田町~市民病院)

バス停「三ツ沢総合グランド入口」下車 徒歩1分
・横浜駅西口から三ツ沢総合グランド経由のバスに乗車