横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

整形外科

診療科紹介

中澤 明尋 副病院長
中澤 明尋 医師

全ての整形外科的疾患を対象としていますが、主に入院、手術が必要な疾患を中心に治療を行っています。特に重症救急外傷に力を入れており、整形外科の常勤医師が365日24時間、救急車に対応しています。一般外来の受診には紹介状が必要です。関節疾患では、変形性関節症、リウマチ関節症に対して人工肩、肘、股、膝関節全置換術、骨切り術を積極的に行っています。特に股関節に対してはナビゲーションシステムを使用した最小侵襲手術を施行しています。肩関節疾患の経験豊富な指導医が2人在籍しており、リバース型人工肩関節全置換も行っています。脊椎ではヘルニア、脊柱管狭窄症が多く、症例に応じて低侵襲手術を試行しています。特に腰椎椎間板ヘルニアに対しては内視鏡下手術も可能です。脊椎圧迫骨折に対するバルーン椎体形成術も行っています。スポーツ疾患では膝半月板損傷、前十字靱帯損傷、反復性肩関節脱臼、腱板断裂が多く、多数の関節鏡視下手術を行っています。最も多い疾患は骨折などの外傷で、なるべく早期に手術を行い、早期リハビリを行っています。

外来のご案内

外来担当医師一覧はこちら

 

  • (1)一般外来
     毎日午前9時~12時です。
    ・月(新患)中澤・藤田  (再来)竹内・森田
    ・火(新患)竹内・森田  (再来)藤巻・金
    ・水(新患)沼崎・藤巻  (再来)草山・大庭
    ・木(新患)草山・金 (再来)大庭・藤田
    ・金(新患)大庭・金  (再来)中澤・沼崎
    (2)専門外来
    ・リウマチ・骨粗鬆症外来:毎週月曜日 午後1時30分~
    ・脊椎外来:毎週火曜日 午後1時30分~
    ・装具外来:毎週水曜日 午前11時~
    ・スポーツ外来:毎週金曜日 午後1時30分~
    ・筋電図外来:毎週金曜日 午後2時~

  • 整形外科は初診(完全紹介制、受診には紹介状が必要です)、再診(原則、予約制)、専門外来(予約制)に分かれています。
    専門外来はいずれも予約制で行い、専門医が診察にあたります。
  • ※専門外来の診療日につきましては、外来医師担当表をご参照ください。

実績

  • (1)四肢、脊椎の骨折手術:350~400例(年間)
  • (2)変形性膝、股関節症に対する骨切り術、人工関節手術:100例(年間)
  • (3)半月板損傷、十字靭帯損傷など膝スポーツ外傷に対する関節鏡視下手術:100例(年間)
  • (4)反復性脱臼、腱板損傷,変形性関節症、骨折などの肩関節疾患手術:100例(年間)
  • (5)脊椎手術:年間70例(年間)
  • (6)総数:850~900例(年間)

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
中澤 明尋(ナカザワ アキヒロ) 部長(副病院長兼務)
卒業年:
昭和61年
専門:
骨折治療、脊椎外科、関節リウマチ
取得資格:
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本リウマチ学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医
竹内 剛(タケウチ ツヨシ) 部長
卒業年:
平成2年
専門:
スポーツ外傷、関節外科
取得資格:
日本整形外科学会専門医、日本体育協会推薦スポーツ医、湘南ベルマーレユースチームドクター、横浜国立大学アメリカンフットボール部チームドクター
沼崎 伸(ヌマザキ シン) 部長
卒業年:
平成4年
専門:
脊椎
取得資格:
日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本救急医学会専門医
藤巻 洋(フジマキ ヒロシ) 副医長
卒業年:
平成17年
専門:
関節外科(股・膝)、関節リウマチ、骨折治療
取得資格:
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本リウマチ学会リウマチ専門医
草山 喜洋(クサヤマ ヨシヒロ) 医師
大庭 真俊(オオバ マサトシ)医師
藤田 真太朗(フジタ シンタロウ) 臨床研究医
金 由梨(キン ユリ) 臨床研究医
卒業年:
平成26年
専門:
整形外科一般
取得資格:
森田 彰(モリタ アキラ) 臨床研究医