横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

神経内科

診療科紹介

山口 滋紀 山口 滋紀 医師

神経内科は、脳卒中(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病、認知症、てんかん、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、髄膜炎、脳炎など、脳・脊髄・末梢神経・筋肉などの病気を主に扱う診療科です。頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れ、意識障害、歩行困難、麻痺、けいれんなどの症状を訴えて受診される方が多いです。
詳細な問診・神経学的診察とあわせてMRI・CT・SPECTなどの画像検査、あるいは脳波・筋電図・神経伝導速度などの電気生理学的検査、血液・髄液検査などを行って、診断・治療方針の決定をしています。
受診を希望される方は、かかりつけ医から紹介状を持参してください。入院の可否は、症状、緊急性に応じて医師が判断します。
なお当院は救急対応を中心とする精査・加療を要する急性期の患者さんが診療対象であり、長期療養やリハビリテーションを目的とするための病院ではありませんので、御了承ください。

神経内科は、脳梗塞(脳塞栓、脳血栓)などの脳卒中、パーキンソン病、痴呆、筋萎縮症など、脳・脊髄・末梢神経・筋肉などの病気を主に扱う専門科目です。脳神経外科の内科版ともいえます。頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れ、意識のくもり、歩行困難、麻痺、けいれんなどの症状を訴えて受診される方が多いです。
心療内科(精神的な症状が身体として出てくる心身症などを扱う専門科目)や神経精神科(神経症や精神病などを扱う専門科目)とは違いがあります。

MRIやCTスキャンなどの画像検査、あるいは脳波・筋電図・神経伝導速度などの電気生理学的検査、髄液検査などを行って、問診・診察とあわせて診断をしています。通常、治療は薬物治療が主体ですが、眼瞼けいれんなどについてはボツリヌス毒素を用いた筋肉内の注射も行うことがあります。

入院の要否は医師が判断します。入院を希望される方は受診の際にご相談いただくか、主治医から紹介状をもらってそれを持参のうえご相談ください。必要と判断した際には入院予約をいたします。当日の直接入院には応じられないことがありますのでご承知ください。

なお当院は精査・加療を要する急性期の患者さんが対象であり、長期療養のための慢性期病院ではありませんので、御了承ください。

外来のご案内

初診受付:月曜から金曜日の午前中(8:30~11:00)

再診:原則予約制です。受診時に担当医から次回の診察日時をお伝えします。

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
山口 滋紀(ヤマグチ シゲキ) 部長
卒業年:
平成元年
専門:
神経内科全般、脳卒中学、神経超音波
取得資格:
日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医・指導医、日本脳卒中学会専門医、脳神経超音波検査士
林 竜一郎(ハヤシ リュウイチロウ) 部長
卒業年:
平成2年
専門:
神経内科全般、神経心理学、高次脳機能
取得資格:
日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医
金塚 陽一(カナツカ ヨウイチ) 医長
卒業年:
平成13年
専門:
神経内科全般、脳卒中学
取得資格:
日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本内科学会専門医
山浦 弦平(ヤマウラ ゲンペイ) 医師
卒業年:
平成23年
専門:
神経内科
取得資格:
 
内科認定医
大杉 静花(オオスギ シズカ)医師
 
小笠原 陽大(オガサワラ アキヒロ) 臨床研究医