横浜市立市民病院横浜市立市民病院

  • 交通アクセス
  • フロアガイド
  • お問い合わせ
  • 寄付のお願い
  • English

メニュー

Clinical department

電話番号 045-316-4580

臨床工学部

対象疾患・診療内容

臨床工学部長メッセージ

集中治療室や手術室、血管撮影室、血液浄化センターなど重篤な患者さんの治療を行う場が集約され、かつ病室や治療室の面積が大きく広がりました。 さらにさまざまな高度医療機器が多数導入され、治療の質が大きく向上することが見込まれます。我々臨床工学技士は市民や患者の皆様の期待に応えるため、これらの医療機器を効果的に使用し治療成績と安全性の向上に努めます。 さらに新病院に移転し、臨床工学部の医療機器管理室は広くなりました。使用後の医療機器と使用前の医療機器の導線を完全に分離することで、感染対策を徹底する他作業効率の向上を図ることができます。

業務概要

臨床工学部には、臨床工学技士が19名在籍し、365日24時間体制で急性期医療に従事しています。また、医療安全管理室や医療機器安全管理者のもとに、医療機器安全管理の維持、推進を行い医療安全の確保に努めています。 当院臨床工学部の特徴としては、なるべく患者さんに近いところで、かつ直接的に医療を行うことです。
活動範囲としては、救命救急センターや各種検査室、手術室、集中治療室、一般病棟から在宅に至るまで、医療が行われている全ての場所に及びます。業務遂行に必要な各種認定資格を保有する臨床工学技士が安全かつ質の高い治療、検査を実施しています。


臨床業務とは、ベッドサイドにおいて、医療機器を使用した検査、治療業務を行うことを言います。臨床工学技士は、チーム医療の一員として、患者さんの病態把握に努め、より安全で効果的な治療を行います。
臨床工学技士は業務分野別に担当を決めて業務を行っていますが、患者さんの急変時などの緊急時には機動的かつ迅速な対応を行っています。また、生命維持管理装置を使用している重症患者さんに対する治療や経過観察、医療機器等のトラブルなど、緊急を要する業務に対応するため、臨床工学技士が24時間体制で病院内に勤務しています。
臨床工学技士は生命維持管理装置などの高度な医療機器を操作するのが仕事ですが、ただ単に機器を操作するだけではありません。医療機器を使用する目的や効果を十分に理解し、患者さんに及ぼす危険性を予測します。そして危険を回避するために、患者さんの病態や合併症を十分に把握、評価しながら医療機器を操作行います。これらの業務は医師の指示のもとに行いますが、医師に対して専門職として治療法の提案を行うこともあります。
生命維持管理装置を使用して治療を受けている患者さんの多くは、重症であり、中には生命の危機にあります。我々臨床工学技士は、医療機器操作や患者さんの病態評価に関する技術、知識のみならず、患者さんやご家族の立場にたった全人的医療を提供いたします。

・血液浄化療法業務
血液浄化センターや病棟での血液浄化療法に対応しています。血液透析・血液濾過透析・血漿交換・血液吸着・白血球除去のほか、腹水濾過濃縮灌流や末梢血幹細胞採取を行っています。
重症患者さんに対する緊急血液浄化には24時間対応しています。

・集中治療業務
ICU、CCU、NICUにおける急性期管理を行っています。これらの部署では生命の危機にある患者が多く、複数の生命維持管理装置が使用されています。
患者さんを中心に病態生理、治療内容を評価しながら生命維持管理装置を操作、運転します。また、これらの医療機器が安全に使用できるよう、電気や医療ガス設備についての安全管理も行っています。

【集中治療室で使用される生命維持管理装置】
人工呼吸器
血液浄化装置
大動脈内バルーンパンピング駆動装置
経皮的心肺補助装置
除細動器
心臓ペースメーカ

・呼吸療法業務
状態が安定し一般病棟で人工呼吸管理を受けている患者さんに対する呼吸管理を担当しています。さらに、在宅人工呼吸管理や導入のための指導や患者さんの自宅訪問および使用する医療機器の保守点検を行っています。在宅人工呼吸と在宅陽圧換気患者さんに対し月1回の外来で使用状況のチェックや療養指導、遠隔モニタリングの導入を行っています。

・体外循環業務・補助循環業務
冠動脈バイパス術や弁置換手術における人工心肺装置の操作や、救急領域での重症心原性ショック患者に対して行うPCPSやIABP装置の操作に対応しています。急性大動脈解離などに伴う緊急手術にも常時対応しています。

・心臓ペースメーカ、植込式除細動器(植え込み型デバイス業務)
新規植え込みやジェネレータ交換時の各種測定や条件設定などのプログラマ操作、新規植え込み後の患者さんに対する生活指導、毎週水曜日の外来などでのチェックを行っています。緊急手術等により臨時の設定変更が必要となった場合にも迅速に対応しています。

・心臓カテーテル検査・治療業務
急性心筋梗塞などの患者を対象とした検査、治療に24時間体制で対応しています。臨床工学技士は、検査、治療中の心電図、血圧などの呼吸や循環に関する状態の監視と記録を行っています。患者さんの状態が重篤な場合には、人工呼吸器、大動脈内バルーンパンピング、経皮的心肺補助法、心臓ペースメーカなどの装置、手法を用いて患者さんの生命維持をサポートします。

・心臓カテーテルアブレーション業務
カテーテルアブレーションは不整脈の原因となる異常な電気興奮部位を焼灼する治療です。臨床工学技士は心内電位記録装置や高周波発生装置、3Dマッピング装置の操作・管理を行っています。

医療機器安全管理業務

・保守点検業務
院内で使用されている医療機器のうち、生命維持管理装置、手術用機器、内視鏡関連機器など特に高い安全性の確保が必要な医療機器を集中管理しています。これらの医療機器の総数は約3600台に上ります。これらの医療機器の精度管理や使用状況、期間に応じた保守点検を実施しています。また、これらの実施記録を管理、分析することにより常に保守点検業務の改善を行っています。

・教育研修業務
医療従事者が適切に医療機器を使用できるように教育訓練することは、医療安全を行う上で欠かせないものです。臨床工学部では実際に医療機器を使用した操作訓練やトラブル対応訓練を定期的に実施しています。また、他施設や院内で医療事故が発生した場合にはその原因究明および再発防止策を検討し、必要に応じて臨時の研修会を開催し、医療従事者のスキル、安全意識の向上を図っています。

専門性の追求

当院では、公益社団法人日本臨床工学技士会が認定する専門臨床工学技士が2名在籍しています。
当院は地域医療支援病院として、特に呼吸治療および不整脈治療分野で地域の臨床工学技士を始めとした医療関係職種に対する教育研修活動を展開しています。
平成31年1月現在、全国で認定された呼吸治療専門臨床工学技士は81名、不整脈治療専門臨床工学技士は380名です。

・呼吸治療専門臨床工学技士(平成24年度認定) 相嶋 一登
・不整脈治療専門臨床工学技士(平成22年度認定) 大谷 太一

診療実績

血液浄化業務(血液透析、オンラインHDF等) 2550件
緊急血液浄化療法 280件
体外循環件数 57件
VA-ECMO(PCPS)のべ日数 72日(18症例)
人工呼吸器新規患者数 468名
心臓ペースメーカ、ICD新規植え込み患者数 55名
心臓カテーテル検査、治療件数 748件
カテーテルアブレーション 144件

地域医療連携の取組

在宅人工呼吸導入カンファレンス、人工呼吸器に関する安全管理研修、呼吸療法に関する災害対策研修などを行っています。ご要望をいただければ、施設に伺って研修会を実施することも可能です。

よくある質問

newsお知らせ

現在、お知らせはありません。

臨床工学部長メッセージ

集中治療室や手術室、血管撮影室、血液浄化センターなど重篤な患者さんの治療を行う場が集約され、かつ病室や治療室の面積が大きく広がりました。 さらにさまざまな高度医療機器が多数導入され、治療の質が大きく向上することが見込まれます。我々臨床工学技士は市民や患者の皆様の期待に応えるため、これらの医療機器を効果的に使用し治療成績と安全性の向上に努めます。 さらに新病院に移転し、臨床工学部の医療機器管理室は広くなりました。使用後の医療機器と使用前の医療機器の導線を完全に分離することで、感染対策を徹底する他作業効率の向上を図ることができます。

業務概要

臨床工学部には、臨床工学技士が19名在籍し、365日24時間体制で急性期医療に従事しています。また、医療安全管理室や医療機器安全管理者のもとに、医療機器安全管理の維持、推進を行い医療安全の確保に努めています。 当院臨床工学部の特徴としては、なるべく患者さんに近いところで、かつ直接的に医療を行うことです。
活動範囲としては、救命救急センターや各種検査室、手術室、集中治療室、一般病棟から在宅に至るまで、医療が行われている全ての場所に及びます。業務遂行に必要な各種認定資格を保有する臨床工学技士が安全かつ質の高い治療、検査を実施しています。


臨床業務とは、ベッドサイドにおいて、医療機器を使用した検査、治療業務を行うことを言います。臨床工学技士は、チーム医療の一員として、患者さんの病態把握に努め、より安全で効果的な治療を行います。
臨床工学技士は業務分野別に担当を決めて業務を行っていますが、患者さんの急変時などの緊急時には機動的かつ迅速な対応を行っています。また、生命維持管理装置を使用している重症患者さんに対する治療や経過観察、医療機器等のトラブルなど、緊急を要する業務に対応するため、臨床工学技士が24時間体制で病院内に勤務しています。
臨床工学技士は生命維持管理装置などの高度な医療機器を操作するのが仕事ですが、ただ単に機器を操作するだけではありません。医療機器を使用する目的や効果を十分に理解し、患者さんに及ぼす危険性を予測します。そして危険を回避するために、患者さんの病態や合併症を十分に把握、評価しながら医療機器を操作行います。これらの業務は医師の指示のもとに行いますが、医師に対して専門職として治療法の提案を行うこともあります。
生命維持管理装置を使用して治療を受けている患者さんの多くは、重症であり、中には生命の危機にあります。我々臨床工学技士は、医療機器操作や患者さんの病態評価に関する技術、知識のみならず、患者さんやご家族の立場にたった全人的医療を提供いたします。

・血液浄化療法業務
血液浄化センターや病棟での血液浄化療法に対応しています。血液透析・血液濾過透析・血漿交換・血液吸着・白血球除去のほか、腹水濾過濃縮灌流や末梢血幹細胞採取を行っています。
重症患者さんに対する緊急血液浄化には24時間対応しています。

・集中治療業務
ICU、CCU、NICUにおける急性期管理を行っています。これらの部署では生命の危機にある患者が多く、複数の生命維持管理装置が使用されています。
患者さんを中心に病態生理、治療内容を評価しながら生命維持管理装置を操作、運転します。また、これらの医療機器が安全に使用できるよう、電気や医療ガス設備についての安全管理も行っています。

【集中治療室で使用される生命維持管理装置】
人工呼吸器
血液浄化装置
大動脈内バルーンパンピング駆動装置
経皮的心肺補助装置
除細動器
心臓ペースメーカ

・呼吸療法業務
状態が安定し一般病棟で人工呼吸管理を受けている患者さんに対する呼吸管理を担当しています。さらに、在宅人工呼吸管理や導入のための指導や患者さんの自宅訪問および使用する医療機器の保守点検を行っています。在宅人工呼吸と在宅陽圧換気患者さんに対し月1回の外来で使用状況のチェックや療養指導、遠隔モニタリングの導入を行っています。

・体外循環業務・補助循環業務
冠動脈バイパス術や弁置換手術における人工心肺装置の操作や、救急領域での重症心原性ショック患者に対して行うPCPSやIABP装置の操作に対応しています。急性大動脈解離などに伴う緊急手術にも常時対応しています。

・心臓ペースメーカ、植込式除細動器(植え込み型デバイス業務)
新規植え込みやジェネレータ交換時の各種測定や条件設定などのプログラマ操作、新規植え込み後の患者さんに対する生活指導、毎週水曜日の外来などでのチェックを行っています。緊急手術等により臨時の設定変更が必要となった場合にも迅速に対応しています。

・心臓カテーテル検査・治療業務
急性心筋梗塞などの患者を対象とした検査、治療に24時間体制で対応しています。臨床工学技士は、検査、治療中の心電図、血圧などの呼吸や循環に関する状態の監視と記録を行っています。患者さんの状態が重篤な場合には、人工呼吸器、大動脈内バルーンパンピング、経皮的心肺補助法、心臓ペースメーカなどの装置、手法を用いて患者さんの生命維持をサポートします。

・心臓カテーテルアブレーション業務
カテーテルアブレーションは不整脈の原因となる異常な電気興奮部位を焼灼する治療です。臨床工学技士は心内電位記録装置や高周波発生装置、3Dマッピング装置の操作・管理を行っています。

医療機器安全管理業務

・保守点検業務
院内で使用されている医療機器のうち、生命維持管理装置、手術用機器、内視鏡関連機器など特に高い安全性の確保が必要な医療機器を集中管理しています。これらの医療機器の総数は約3600台に上ります。これらの医療機器の精度管理や使用状況、期間に応じた保守点検を実施しています。また、これらの実施記録を管理、分析することにより常に保守点検業務の改善を行っています。

・教育研修業務
医療従事者が適切に医療機器を使用できるように教育訓練することは、医療安全を行う上で欠かせないものです。臨床工学部では実際に医療機器を使用した操作訓練やトラブル対応訓練を定期的に実施しています。また、他施設や院内で医療事故が発生した場合にはその原因究明および再発防止策を検討し、必要に応じて臨時の研修会を開催し、医療従事者のスキル、安全意識の向上を図っています。

専門性の追求

当院では、公益社団法人日本臨床工学技士会が認定する専門臨床工学技士が2名在籍しています。
当院は地域医療支援病院として、特に呼吸治療および不整脈治療分野で地域の臨床工学技士を始めとした医療関係職種に対する教育研修活動を展開しています。
平成31年1月現在、全国で認定された呼吸治療専門臨床工学技士は81名、不整脈治療専門臨床工学技士は380名です。

・呼吸治療専門臨床工学技士(平成24年度認定) 相嶋 一登
・不整脈治療専門臨床工学技士(平成22年度認定) 大谷 太一

診療実績

血液浄化業務(血液透析、オンラインHDF等) 2550件
緊急血液浄化療法 280件
体外循環件数 57件
VA-ECMO(PCPS)のべ日数 72日(18症例)
人工呼吸器新規患者数 468名
心臓ペースメーカ、ICD新規植え込み患者数 55名
心臓カテーテル検査、治療件数 748件
カテーテルアブレーション 144件

地域医療連携の取組

在宅人工呼吸導入カンファレンス、人工呼吸器に関する安全管理研修、呼吸療法に関する災害対策研修などを行っています。ご要望をいただければ、施設に伺って研修会を実施することも可能です。

よくある質問

医師/スタッフ紹介
外来担当医表
受付時間
  • 初診の方

    8:00~11:00

    ※診療開始時間 午前8:45

  • 再診の方
    【予約のない方】

    午前7:30~11:00

    ※午後は専門外来(予約制)

  • 再診の方
    【予約のある方】

    予約時間までに受付
    手続を
    お願いします。

臨床工学部長メッセージ

集中治療室や手術室、血管撮影室、血液浄化センターなど重篤な患者さんの治療を行う場が集約され、かつ病室や治療室の面積が大きく広がりました。 さらにさまざまな高度医療機器が多数導入され、治療の質が大きく向上することが見込まれます。我々臨床工学技士は市民や患者の皆様の期待に応えるため、これらの医療機器を効果的に使用し治療成績と安全性の向上に努めます。 さらに新病院に移転し、臨床工学部の医療機器管理室は広くなりました。使用後の医療機器と使用前の医療機器の導線を完全に分離することで、感染対策を徹底する他作業効率の向上を図ることができます。

業務概要

臨床工学部には、臨床工学技士が19名在籍し、365日24時間体制で急性期医療に従事しています。また、医療安全管理室や医療機器安全管理者のもとに、医療機器安全管理の維持、推進を行い医療安全の確保に努めています。 当院臨床工学部の特徴としては、なるべく患者さんに近いところで、かつ直接的に医療を行うことです。
活動範囲としては、救命救急センターや各種検査室、手術室、集中治療室、一般病棟から在宅に至るまで、医療が行われている全ての場所に及びます。業務遂行に必要な各種認定資格を保有する臨床工学技士が安全かつ質の高い治療、検査を実施しています。


臨床業務とは、ベッドサイドにおいて、医療機器を使用した検査、治療業務を行うことを言います。臨床工学技士は、チーム医療の一員として、患者さんの病態把握に努め、より安全で効果的な治療を行います。
臨床工学技士は業務分野別に担当を決めて業務を行っていますが、患者さんの急変時などの緊急時には機動的かつ迅速な対応を行っています。また、生命維持管理装置を使用している重症患者さんに対する治療や経過観察、医療機器等のトラブルなど、緊急を要する業務に対応するため、臨床工学技士が24時間体制で病院内に勤務しています。
臨床工学技士は生命維持管理装置などの高度な医療機器を操作するのが仕事ですが、ただ単に機器を操作するだけではありません。医療機器を使用する目的や効果を十分に理解し、患者さんに及ぼす危険性を予測します。そして危険を回避するために、患者さんの病態や合併症を十分に把握、評価しながら医療機器を操作行います。これらの業務は医師の指示のもとに行いますが、医師に対して専門職として治療法の提案を行うこともあります。
生命維持管理装置を使用して治療を受けている患者さんの多くは、重症であり、中には生命の危機にあります。我々臨床工学技士は、医療機器操作や患者さんの病態評価に関する技術、知識のみならず、患者さんやご家族の立場にたった全人的医療を提供いたします。

・血液浄化療法業務
血液浄化センターや病棟での血液浄化療法に対応しています。血液透析・血液濾過透析・血漿交換・血液吸着・白血球除去のほか、腹水濾過濃縮灌流や末梢血幹細胞採取を行っています。
重症患者さんに対する緊急血液浄化には24時間対応しています。

・集中治療業務
ICU、CCU、NICUにおける急性期管理を行っています。これらの部署では生命の危機にある患者が多く、複数の生命維持管理装置が使用されています。
患者さんを中心に病態生理、治療内容を評価しながら生命維持管理装置を操作、運転します。また、これらの医療機器が安全に使用できるよう、電気や医療ガス設備についての安全管理も行っています。

【集中治療室で使用される生命維持管理装置】
人工呼吸器
血液浄化装置
大動脈内バルーンパンピング駆動装置
経皮的心肺補助装置
除細動器
心臓ペースメーカ

・呼吸療法業務
状態が安定し一般病棟で人工呼吸管理を受けている患者さんに対する呼吸管理を担当しています。さらに、在宅人工呼吸管理や導入のための指導や患者さんの自宅訪問および使用する医療機器の保守点検を行っています。在宅人工呼吸と在宅陽圧換気患者さんに対し月1回の外来で使用状況のチェックや療養指導、遠隔モニタリングの導入を行っています。

・体外循環業務・補助循環業務
冠動脈バイパス術や弁置換手術における人工心肺装置の操作や、救急領域での重症心原性ショック患者に対して行うPCPSやIABP装置の操作に対応しています。急性大動脈解離などに伴う緊急手術にも常時対応しています。

・心臓ペースメーカ、植込式除細動器(植え込み型デバイス業務)
新規植え込みやジェネレータ交換時の各種測定や条件設定などのプログラマ操作、新規植え込み後の患者さんに対する生活指導、毎週水曜日の外来などでのチェックを行っています。緊急手術等により臨時の設定変更が必要となった場合にも迅速に対応しています。

・心臓カテーテル検査・治療業務
急性心筋梗塞などの患者を対象とした検査、治療に24時間体制で対応しています。臨床工学技士は、検査、治療中の心電図、血圧などの呼吸や循環に関する状態の監視と記録を行っています。患者さんの状態が重篤な場合には、人工呼吸器、大動脈内バルーンパンピング、経皮的心肺補助法、心臓ペースメーカなどの装置、手法を用いて患者さんの生命維持をサポートします。

・心臓カテーテルアブレーション業務
カテーテルアブレーションは不整脈の原因となる異常な電気興奮部位を焼灼する治療です。臨床工学技士は心内電位記録装置や高周波発生装置、3Dマッピング装置の操作・管理を行っています。

医療機器安全管理業務

・保守点検業務
院内で使用されている医療機器のうち、生命維持管理装置、手術用機器、内視鏡関連機器など特に高い安全性の確保が必要な医療機器を集中管理しています。これらの医療機器の総数は約3600台に上ります。これらの医療機器の精度管理や使用状況、期間に応じた保守点検を実施しています。また、これらの実施記録を管理、分析することにより常に保守点検業務の改善を行っています。

・教育研修業務
医療従事者が適切に医療機器を使用できるように教育訓練することは、医療安全を行う上で欠かせないものです。臨床工学部では実際に医療機器を使用した操作訓練やトラブル対応訓練を定期的に実施しています。また、他施設や院内で医療事故が発生した場合にはその原因究明および再発防止策を検討し、必要に応じて臨時の研修会を開催し、医療従事者のスキル、安全意識の向上を図っています。

専門性の追求

当院では、公益社団法人日本臨床工学技士会が認定する専門臨床工学技士が2名在籍しています。
当院は地域医療支援病院として、特に呼吸治療および不整脈治療分野で地域の臨床工学技士を始めとした医療関係職種に対する教育研修活動を展開しています。
平成31年1月現在、全国で認定された呼吸治療専門臨床工学技士は81名、不整脈治療専門臨床工学技士は380名です。

・呼吸治療専門臨床工学技士(平成24年度認定) 相嶋 一登
・不整脈治療専門臨床工学技士(平成22年度認定) 大谷 太一

診療実績

血液浄化業務(血液透析、オンラインHDF等) 2550件
緊急血液浄化療法 280件
体外循環件数 57件
VA-ECMO(PCPS)のべ日数 72日(18症例)
人工呼吸器新規患者数 468名
心臓ペースメーカ、ICD新規植え込み患者数 55名
心臓カテーテル検査、治療件数 748件
カテーテルアブレーション 144件

地域医療連携の取組

在宅人工呼吸導入カンファレンス、人工呼吸器に関する安全管理研修、呼吸療法に関する災害対策研修などを行っています。ご要望をいただければ、施設に伺って研修会を実施することも可能です。

よくある質問

患者さんのご紹介について

市民病院では、紹介状をお持ちの患者さんの待ち時間短縮のために、電話で紹介患者さんの事前予約サービスを行う「紹介患者予約センター」を開設しています。

電話番号

045-316-6541(直通)

受付時間

月〜金曜日

9:00~17:00

※土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)
は受付しておりません。

臨床工学部長メッセージ

集中治療室や手術室、血管撮影室、血液浄化センターなど重篤な患者さんの治療を行う場が集約され、かつ病室や治療室の面積が大きく広がりました。 さらにさまざまな高度医療機器が多数導入され、治療の質が大きく向上することが見込まれます。我々臨床工学技士は市民や患者の皆様の期待に応えるため、これらの医療機器を効果的に使用し治療成績と安全性の向上に努めます。 さらに新病院に移転し、臨床工学部の医療機器管理室は広くなりました。使用後の医療機器と使用前の医療機器の導線を完全に分離することで、感染対策を徹底する他作業効率の向上を図ることができます。

業務概要

臨床工学部には、臨床工学技士が19名在籍し、365日24時間体制で急性期医療に従事しています。また、医療安全管理室や医療機器安全管理者のもとに、医療機器安全管理の維持、推進を行い医療安全の確保に努めています。 当院臨床工学部の特徴としては、なるべく患者さんに近いところで、かつ直接的に医療を行うことです。
活動範囲としては、救命救急センターや各種検査室、手術室、集中治療室、一般病棟から在宅に至るまで、医療が行われている全ての場所に及びます。業務遂行に必要な各種認定資格を保有する臨床工学技士が安全かつ質の高い治療、検査を実施しています。


臨床業務とは、ベッドサイドにおいて、医療機器を使用した検査、治療業務を行うことを言います。臨床工学技士は、チーム医療の一員として、患者さんの病態把握に努め、より安全で効果的な治療を行います。
臨床工学技士は業務分野別に担当を決めて業務を行っていますが、患者さんの急変時などの緊急時には機動的かつ迅速な対応を行っています。また、生命維持管理装置を使用している重症患者さんに対する治療や経過観察、医療機器等のトラブルなど、緊急を要する業務に対応するため、臨床工学技士が24時間体制で病院内に勤務しています。
臨床工学技士は生命維持管理装置などの高度な医療機器を操作するのが仕事ですが、ただ単に機器を操作するだけではありません。医療機器を使用する目的や効果を十分に理解し、患者さんに及ぼす危険性を予測します。そして危険を回避するために、患者さんの病態や合併症を十分に把握、評価しながら医療機器を操作行います。これらの業務は医師の指示のもとに行いますが、医師に対して専門職として治療法の提案を行うこともあります。
生命維持管理装置を使用して治療を受けている患者さんの多くは、重症であり、中には生命の危機にあります。我々臨床工学技士は、医療機器操作や患者さんの病態評価に関する技術、知識のみならず、患者さんやご家族の立場にたった全人的医療を提供いたします。

・血液浄化療法業務
血液浄化センターや病棟での血液浄化療法に対応しています。血液透析・血液濾過透析・血漿交換・血液吸着・白血球除去のほか、腹水濾過濃縮灌流や末梢血幹細胞採取を行っています。
重症患者さんに対する緊急血液浄化には24時間対応しています。

・集中治療業務
ICU、CCU、NICUにおける急性期管理を行っています。これらの部署では生命の危機にある患者が多く、複数の生命維持管理装置が使用されています。
患者さんを中心に病態生理、治療内容を評価しながら生命維持管理装置を操作、運転します。また、これらの医療機器が安全に使用できるよう、電気や医療ガス設備についての安全管理も行っています。

【集中治療室で使用される生命維持管理装置】
人工呼吸器
血液浄化装置
大動脈内バルーンパンピング駆動装置
経皮的心肺補助装置
除細動器
心臓ペースメーカ

・呼吸療法業務
状態が安定し一般病棟で人工呼吸管理を受けている患者さんに対する呼吸管理を担当しています。さらに、在宅人工呼吸管理や導入のための指導や患者さんの自宅訪問および使用する医療機器の保守点検を行っています。在宅人工呼吸と在宅陽圧換気患者さんに対し月1回の外来で使用状況のチェックや療養指導、遠隔モニタリングの導入を行っています。

・体外循環業務・補助循環業務
冠動脈バイパス術や弁置換手術における人工心肺装置の操作や、救急領域での重症心原性ショック患者に対して行うPCPSやIABP装置の操作に対応しています。急性大動脈解離などに伴う緊急手術にも常時対応しています。

・心臓ペースメーカ、植込式除細動器(植え込み型デバイス業務)
新規植え込みやジェネレータ交換時の各種測定や条件設定などのプログラマ操作、新規植え込み後の患者さんに対する生活指導、毎週水曜日の外来などでのチェックを行っています。緊急手術等により臨時の設定変更が必要となった場合にも迅速に対応しています。

・心臓カテーテル検査・治療業務
急性心筋梗塞などの患者を対象とした検査、治療に24時間体制で対応しています。臨床工学技士は、検査、治療中の心電図、血圧などの呼吸や循環に関する状態の監視と記録を行っています。患者さんの状態が重篤な場合には、人工呼吸器、大動脈内バルーンパンピング、経皮的心肺補助法、心臓ペースメーカなどの装置、手法を用いて患者さんの生命維持をサポートします。

・心臓カテーテルアブレーション業務
カテーテルアブレーションは不整脈の原因となる異常な電気興奮部位を焼灼する治療です。臨床工学技士は心内電位記録装置や高周波発生装置、3Dマッピング装置の操作・管理を行っています。

医療機器安全管理業務

・保守点検業務
院内で使用されている医療機器のうち、生命維持管理装置、手術用機器、内視鏡関連機器など特に高い安全性の確保が必要な医療機器を集中管理しています。これらの医療機器の総数は約3600台に上ります。これらの医療機器の精度管理や使用状況、期間に応じた保守点検を実施しています。また、これらの実施記録を管理、分析することにより常に保守点検業務の改善を行っています。

・教育研修業務
医療従事者が適切に医療機器を使用できるように教育訓練することは、医療安全を行う上で欠かせないものです。臨床工学部では実際に医療機器を使用した操作訓練やトラブル対応訓練を定期的に実施しています。また、他施設や院内で医療事故が発生した場合にはその原因究明および再発防止策を検討し、必要に応じて臨時の研修会を開催し、医療従事者のスキル、安全意識の向上を図っています。

専門性の追求

当院では、公益社団法人日本臨床工学技士会が認定する専門臨床工学技士が2名在籍しています。
当院は地域医療支援病院として、特に呼吸治療および不整脈治療分野で地域の臨床工学技士を始めとした医療関係職種に対する教育研修活動を展開しています。
平成31年1月現在、全国で認定された呼吸治療専門臨床工学技士は81名、不整脈治療専門臨床工学技士は380名です。

・呼吸治療専門臨床工学技士(平成24年度認定) 相嶋 一登
・不整脈治療専門臨床工学技士(平成22年度認定) 大谷 太一

診療実績

血液浄化業務(血液透析、オンラインHDF等) 2550件
緊急血液浄化療法 280件
体外循環件数 57件
VA-ECMO(PCPS)のべ日数 72日(18症例)
人工呼吸器新規患者数 468名
心臓ペースメーカ、ICD新規植え込み患者数 55名
心臓カテーテル検査、治療件数 748件
カテーテルアブレーション 144件

地域医療連携の取組

在宅人工呼吸導入カンファレンス、人工呼吸器に関する安全管理研修、呼吸療法に関する災害対策研修などを行っています。ご要望をいただければ、施設に伺って研修会を実施することも可能です。

よくある質問

臨床工学部長メッセージ

集中治療室や手術室、血管撮影室、血液浄化センターなど重篤な患者さんの治療を行う場が集約され、かつ病室や治療室の面積が大きく広がりました。 さらにさまざまな高度医療機器が多数導入され、治療の質が大きく向上することが見込まれます。我々臨床工学技士は市民や患者の皆様の期待に応えるため、これらの医療機器を効果的に使用し治療成績と安全性の向上に努めます。 さらに新病院に移転し、臨床工学部の医療機器管理室は広くなりました。使用後の医療機器と使用前の医療機器の導線を完全に分離することで、感染対策を徹底する他作業効率の向上を図ることができます。

業務概要

臨床工学部には、臨床工学技士が19名在籍し、365日24時間体制で急性期医療に従事しています。また、医療安全管理室や医療機器安全管理者のもとに、医療機器安全管理の維持、推進を行い医療安全の確保に努めています。 当院臨床工学部の特徴としては、なるべく患者さんに近いところで、かつ直接的に医療を行うことです。
活動範囲としては、救命救急センターや各種検査室、手術室、集中治療室、一般病棟から在宅に至るまで、医療が行われている全ての場所に及びます。業務遂行に必要な各種認定資格を保有する臨床工学技士が安全かつ質の高い治療、検査を実施しています。


臨床業務とは、ベッドサイドにおいて、医療機器を使用した検査、治療業務を行うことを言います。臨床工学技士は、チーム医療の一員として、患者さんの病態把握に努め、より安全で効果的な治療を行います。
臨床工学技士は業務分野別に担当を決めて業務を行っていますが、患者さんの急変時などの緊急時には機動的かつ迅速な対応を行っています。また、生命維持管理装置を使用している重症患者さんに対する治療や経過観察、医療機器等のトラブルなど、緊急を要する業務に対応するため、臨床工学技士が24時間体制で病院内に勤務しています。
臨床工学技士は生命維持管理装置などの高度な医療機器を操作するのが仕事ですが、ただ単に機器を操作するだけではありません。医療機器を使用する目的や効果を十分に理解し、患者さんに及ぼす危険性を予測します。そして危険を回避するために、患者さんの病態や合併症を十分に把握、評価しながら医療機器を操作行います。これらの業務は医師の指示のもとに行いますが、医師に対して専門職として治療法の提案を行うこともあります。
生命維持管理装置を使用して治療を受けている患者さんの多くは、重症であり、中には生命の危機にあります。我々臨床工学技士は、医療機器操作や患者さんの病態評価に関する技術、知識のみならず、患者さんやご家族の立場にたった全人的医療を提供いたします。

・血液浄化療法業務
血液浄化センターや病棟での血液浄化療法に対応しています。血液透析・血液濾過透析・血漿交換・血液吸着・白血球除去のほか、腹水濾過濃縮灌流や末梢血幹細胞採取を行っています。
重症患者さんに対する緊急血液浄化には24時間対応しています。

・集中治療業務
ICU、CCU、NICUにおける急性期管理を行っています。これらの部署では生命の危機にある患者が多く、複数の生命維持管理装置が使用されています。
患者さんを中心に病態生理、治療内容を評価しながら生命維持管理装置を操作、運転します。また、これらの医療機器が安全に使用できるよう、電気や医療ガス設備についての安全管理も行っています。

【集中治療室で使用される生命維持管理装置】
人工呼吸器
血液浄化装置
大動脈内バルーンパンピング駆動装置
経皮的心肺補助装置
除細動器
心臓ペースメーカ

・呼吸療法業務
状態が安定し一般病棟で人工呼吸管理を受けている患者さんに対する呼吸管理を担当しています。さらに、在宅人工呼吸管理や導入のための指導や患者さんの自宅訪問および使用する医療機器の保守点検を行っています。在宅人工呼吸と在宅陽圧換気患者さんに対し月1回の外来で使用状況のチェックや療養指導、遠隔モニタリングの導入を行っています。

・体外循環業務・補助循環業務
冠動脈バイパス術や弁置換手術における人工心肺装置の操作や、救急領域での重症心原性ショック患者に対して行うPCPSやIABP装置の操作に対応しています。急性大動脈解離などに伴う緊急手術にも常時対応しています。

・心臓ペースメーカ、植込式除細動器(植え込み型デバイス業務)
新規植え込みやジェネレータ交換時の各種測定や条件設定などのプログラマ操作、新規植え込み後の患者さんに対する生活指導、毎週水曜日の外来などでのチェックを行っています。緊急手術等により臨時の設定変更が必要となった場合にも迅速に対応しています。

・心臓カテーテル検査・治療業務
急性心筋梗塞などの患者を対象とした検査、治療に24時間体制で対応しています。臨床工学技士は、検査、治療中の心電図、血圧などの呼吸や循環に関する状態の監視と記録を行っています。患者さんの状態が重篤な場合には、人工呼吸器、大動脈内バルーンパンピング、経皮的心肺補助法、心臓ペースメーカなどの装置、手法を用いて患者さんの生命維持をサポートします。

・心臓カテーテルアブレーション業務
カテーテルアブレーションは不整脈の原因となる異常な電気興奮部位を焼灼する治療です。臨床工学技士は心内電位記録装置や高周波発生装置、3Dマッピング装置の操作・管理を行っています。

医療機器安全管理業務

・保守点検業務
院内で使用されている医療機器のうち、生命維持管理装置、手術用機器、内視鏡関連機器など特に高い安全性の確保が必要な医療機器を集中管理しています。これらの医療機器の総数は約3600台に上ります。これらの医療機器の精度管理や使用状況、期間に応じた保守点検を実施しています。また、これらの実施記録を管理、分析することにより常に保守点検業務の改善を行っています。

・教育研修業務
医療従事者が適切に医療機器を使用できるように教育訓練することは、医療安全を行う上で欠かせないものです。臨床工学部では実際に医療機器を使用した操作訓練やトラブル対応訓練を定期的に実施しています。また、他施設や院内で医療事故が発生した場合にはその原因究明および再発防止策を検討し、必要に応じて臨時の研修会を開催し、医療従事者のスキル、安全意識の向上を図っています。

専門性の追求

当院では、公益社団法人日本臨床工学技士会が認定する専門臨床工学技士が2名在籍しています。
当院は地域医療支援病院として、特に呼吸治療および不整脈治療分野で地域の臨床工学技士を始めとした医療関係職種に対する教育研修活動を展開しています。
平成31年1月現在、全国で認定された呼吸治療専門臨床工学技士は81名、不整脈治療専門臨床工学技士は380名です。

・呼吸治療専門臨床工学技士(平成24年度認定) 相嶋 一登
・不整脈治療専門臨床工学技士(平成22年度認定) 大谷 太一

診療実績

血液浄化業務(血液透析、オンラインHDF等) 2550件
緊急血液浄化療法 280件
体外循環件数 57件
VA-ECMO(PCPS)のべ日数 72日(18症例)
人工呼吸器新規患者数 468名
心臓ペースメーカ、ICD新規植え込み患者数 55名
心臓カテーテル検査、治療件数 748件
カテーテルアブレーション 144件

地域医療連携の取組

在宅人工呼吸導入カンファレンス、人工呼吸器に関する安全管理研修、呼吸療法に関する災害対策研修などを行っています。ご要望をいただければ、施設に伺って研修会を実施することも可能です。

よくある質問

診療科・部門・センター
  • 当院で出産を考えている方
    当院で出産を
    考えている方
  • 初期臨床研修医・専攻医
    初期臨床研修医・
    専攻医
  • 予防医療
    予防医療
  • 地域医療機関検索
    地域医療
    機関検索
  • 受付時間
    (初診の方・予約のない方)

    8:00~11:00

    ※診療開始時間 午前8:45

    外来担当医師一覧
  • 休診日

    土曜、
    日曜、国民の祝日、
    年末年始(12月29日〜
    1月3日)

Accessアクセス情報

〒221-0855 
神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町1-1

バスでお越しの方

バス停「市民病院」下車 ※令和2年5月2日に新設
横浜駅西口から 市営87系統又は34系統(平日の日中のみ)
東神奈川駅から 市営88系統(東神奈川駅西口~東横反町駅前~三ツ沢上町前~市民病院)
保土ケ谷区内や相鉄線沿線から 208系統(横浜駅西口~和田町~市民病院)

バス停「三ツ沢総合グランド入口」下車 徒歩1分
・横浜駅西口から三ツ沢総合グランド経由のバスに乗車