横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

内視鏡センター

診療科紹介

画像

 内視鏡センターでは、消化器内科、消化器外科、炎症性腸疾患科、呼吸器内科、呼吸器外科、がん検診センターなど、総勢40名以上の医師が、胃十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患、胆管結石などの良性疾患や、胃癌、大腸癌、膵臓癌、肺癌などの悪性疾患を対象として、年間1万件以上の消化器や呼吸器の内視鏡診療を行っております。地域中核病院として、最新かつ高度な内視鏡診療を行っており、その他にも検診や救急診療などを含めた幅広い診療も行っております。当院は日本消化器内視鏡学会と日本呼吸器内視鏡学会の認定指導施設で、日本消化器内視鏡学会または日本呼吸器内視鏡学会の指導医6名、専門医7名と同認定内視鏡技師13名が所属しております。
 内視鏡センターは、悪性疾患の早期発見や侵襲の少ない内視鏡治療が可能となっており、がん検診の内視鏡診療も担当し、自覚症状のない状態での早期診断に貢献しています。検査室は7室あり、すべての部屋にモニターと酸素を設置し、内視鏡検査後に休むことができる観察ベッドも3床備えております。
 近年、胆膵領域の内視鏡診療が格段に進歩してきております。当院は最新の超音波内視鏡機器を設置し、CTやMRI検査を用いた従来の検査法では診断が難しかった粘膜下腫瘍や膵腫瘍の詳細な評価や病理組織診断、および超音波内視鏡下での胆管膵管ドレナージなど、進歩した胆膵の内視鏡診療にも対応しております。
 胃癌や大腸癌など早期の消化管癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は高度な技術が要求される難しい治療のひとつですが、当院では年間100例以上施行し神奈川県内でもトップレベルの良好な成績を上げております。また、当院は3次救急を担う救命救急センターを有する急性期疾患診療病院でもあり、緊急内視鏡検査に24時間365日対応できる診療体制も構築しております。

  • 画像
  • 画像

写真:検査室と回復室

*内視鏡センターで検査・治療をご希望の方は、まず外来で受診していただくようお願い致します。

外来のご案内

診断について
  • ハイビジョン内視鏡を中心として、拡大内視鏡、NBI内視鏡画像、超音波内視鏡を用いた質の高い診断を提供しております。
治療について
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
    早期胃癌に対して従来の内視鏡的粘膜切除術(EMR)のみならず、ESDも積極的に導入し、2003年4月より早期胃癌の多くはESDを施行しています。 把持鉗子などを用いた手技の工夫により、より安全で確実なESDを行い、一括完全切除を目指して遺残・再発の防止に努め、偶発症もきわめて少なく、良好な成績がえられています。
  • 内視鏡的止血術
    消化管出血に対してアルゴンプラズマ凝固法(APC)、クリップ法、局注法などの種々の手技に習熟し、止血困難例に対しても手技を組み合わせることにより良好な止血成績がえられています。 また、食道静脈瘤に対しては結紮術(EVL)を中心とした治療を行っています。
  • 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)
    胆道、膵臓疾患に対してERCP時に造影のみならず、管腔内超音波内視鏡検査(IDUS)、細胞診、生検などを駆使して診断しています。 総胆管結石に対しては乳頭拡張術を中心とした除石術、胆道狭窄に対してはステント留置術を施行しています。
  • 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
    嚥下障害などによる食事摂取困難な場合にはPEGによる経腸栄養を推進し、QOLの向上に寄与しています。
  • 画像
    通常観察
  • 画像
    色素内視鏡観察
  • 画像
    通常観察
  • 画像
    拡大観察
  • 画像
    NBI観察
  • 画像
    NBI+拡大観察
上部消化器官内視鏡検査の予約

2007年2月から、地域医療機関からの上部消化管内視鏡検査予約システムを開始しました。
検査後報告書をすみやかに作成し、返送しています。 (ただし、生検を施行した場合には病理組織所見を後日郵送しています)

実績

年間の診療実績
上部消化管内視鏡検査 約6000件 上部消化管ESD 約70件
下部消化管内視鏡検査 約4000件 下部消化管ESD 約40件
気管支鏡検査 約350件 消化管狭窄解除術 約90件
大腸ポリープ切除術 約500件 内視鏡的胃瘻造設術 約50件
超音波内視鏡検査 約150件 ERCP  約300件

医師紹介

担当医師一覧
担当医師一覧はこちら
小池 祐司(コイケ ユウジ) センター長
兼務:
消化器内科部長