横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

消化器病センター

センター紹介

小松弘一医師 小松 弘一 医師

 消化器系疾患は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門そして肝臓、胆嚢、膵臓までの幅広い臓器が含まれ、患者さんの数が非常に多い領域です。当センターでは各領域の専門的知識と技術を有するスタッフが診療に従事し、さらに消化器内科、外科が一体となり、診療の効率化を目指しています。例えば、腹痛で消化器内科に紹介となった患者さんでも外科的処置や治療が必要と判断された場合は、外科との迅速かつ密接な連携を取ることが可能となっています。一方、消化器癌で消外科に紹介となった患者さんも、消化器内科と連携して内視鏡治療が可能と判断された場合には、内視鏡治療を行うことにより患者さんにとってより侵襲が少なく、よりやさしい治療が可能となりました。
 また、本院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、また厚生労働省がん研究班(Japan Clinical Oncology Group; JCOG)の班員にもなっていて、消化器進行癌に対しては消化器内科と消化器外科の密接なディスカッションのみならず、放射線診断科・治療科、病理部門とも連携して個々の症例に応じて、手術、内視鏡下治療、薬物治療、放射線治療、超音波下治療と多彩な治療を行っています。

外来のご案内

消化器内科消化器外科をご覧ください。

医師紹介

担当医師一覧
小松 弘一(コマツ ヒロカズ) センター長
(副病院長、患者総合サポートセンター長、消化器内科長兼務)
  • 消化器内科
    小松弘一、藤田由里子、小池祐司、諸星雄一、長久保秀一、今村 諭、伊藤 剛、角田裕也、辻野誠太郎、杉本祐一、東 佑香、星 瞳
  • 消化器外科
    望月康久、高橋正純、田中邦哉、薮野太一、大田洋平、髙橋 弘毅、松島小百合、榎本義久