横浜市立市民病院

戻る
HOME

医療関係者の方

初期臨床研修について

臨床研修の理念と方針

1.臨床研修の理念

自ら学ぶ志高き医師であり、全ての人々の想いを慮る誠実な人間であれ

2.臨床研修の方針

1.患者の尊厳を大事にし、誰に対しても誠意をもって対応できる医師を育成
2.職種の垣根を超えた、横断的なコミュニケーションを促進
3.自ら学び、教え合うことで成長し続ける医師を育成
4.研修医一人ひとりの「優れたところ」を伸ばす研修を提供
5.明るい雰囲気の中、充実した研修生活を提供

3.臨床研修の特徴

・ファーストタッチは初期研修医
・common diseaseから高度な難治性疾患まで経験できる研修
・診療科数及び指導医数が多く充実した指導体制
・多彩かつ豊富な勉強会、研修会の開催
・学術発表の機会が豊富
・全国から集まる意識の高い仲間と切磋琢磨できる環境

臨床研修委員会委員長からのメッセージ

臨床研修委員長
臨床研修委員長
仲里 朝周

 当院の臨床研修の最大の魅力は「初期研修医が皆素晴らしい」ことです。自分の子供を褒めるなんて親バカだと思われるかもしれませんがこれは本当です。各診療科の指導医が日常診療において初期研修医を指導するのは当然ですが、当院では2年目の研修医が1年目の研修医を熱意と愛情を持って指導する体制が伝統的に根付いています。私達指導医が何も言わずとも2年目の研修医が1年目の研修医を対象とした勉強会や手技の練習を頻回に開催するなど、自発的な精神が先輩から後輩へと受け継がれています。このような研修医同士で自然と育まれている「深い絆」が当院の臨床研修における最大の特徴であり魅力でもあります。当院の臨床研修理念は「自ら学ぶ志高き医師であり、全ての人々の想いを慮る誠実な人間であれ」を掲げています。医師として必要不可欠な知識や技術を高い志を持って習得することはもちろん大切な目標ですが、人として新社会人としてお互いの想いを慮る誠実な心を養うことは同じぐらい大切な事です。当院における臨床研修を通じて、我が研修医達はみなお互いを慮ることができる医師へと着実に成長しています。
 臨床研修委員長として初期研修医に一番伝えたいことは「常に感謝の気持ちを忘れないで」ということです。ありきたりなことですが全ての人、全ての職種の方に感謝することが研修医として、そして社会人として最も大切な事です。「ありがとう」という言葉が自然と良好な信頼関係、友情、協調性、チーム医療を導き出すのだと考えています。
 初期臨床研修は2年間ですが、2年間で医師人生がすべて決まってしまうわけではありません。うまくいく時もあれば失敗する時もあります。過労やストレスで壁にぶつかった時、一人で悩みを解決するのは大変難しいことです。そんな時は私達指導医や先輩研修医が必ずや力になります。将来進むべき道を共に考え、医師として自らの未来像をみつけることが当院臨床研修の最終目標です。共に頑張りましょう!

チーフレジデントからのメッセージ

  1. 画像
  2. 画像

 当院の研修の最大の推しポイントは「雰囲気の良さ」です。病院全体の雰囲気も良く、研修医同士もたすきがけを含め46人が日々和気あいあいと研修しています。
研修としては、各科の研修体制がしっかりとしており、上級医の先生方は皆とても教育的です。優しく時には厳しく、1から医療を教えてくださっています。当直では研修医がファーストタッチをして、Common diseaseから専門的疾患・三次救急疾患まで、幅広く学ぶことができます。施設もICU、NICU、感染症専門病棟を備え、高度な設備であらゆる疾患を取り扱っています。
 また、研修医の自主的な勉強会や、各種手技の勉強会、専門医によるコアカンファレンスが行われており、勉強の機会に恵まれています。また、研修医同士、症例について気軽にディスカッションが行われていて、同期からの目線、知識などに日々刺激を受け、切磋琢磨しています。
 学生のみなさん、ぜひ一度病院見学にいらして、当院の雰囲気を感じてください。私たちと一緒に楽しく充実した研修生活を送りましょう!

2年目 チーフレジデント 森岡 晃平

 当院では研修医にとって学びやすい環境の提供を心掛けており、皆和気藹々とした雰囲気の中で研修に取り組むことができ、モチベーションを高く持った研修医にとっては、大変学びやすい環境となっております。
 当院の指導医は、医療に関する高い倫理観、十分な知識、確かな技術を持っており、次世代を担う医師を育てることは当然の仕事と考えております。救命救急センターとして急性期医療に積極的に取り組むとともに、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、第一種感染症指定医療機関、国の地域周産期母子医療センターに指定されていることからも、日常よく遭遇するcommon diseaseから高度な医療を必要とする重症患者や難治性疾患まで十分な経験を積むことができます。そして、経験した症例をまとめて、学会発表や論文投稿の機会も多数あり、多くの成果を出しています。
 研修医の代表者(チーフレジデント及びサブチーフレジデント)が臨床研修委員会の委員となっており、研修医の意見をまとめて委員会に提言したり、看護師やコメディカル、事務職員とともに臨床研修全般について積極的に討議を重ねたりしております。また、上級医による振り返り面談を通じて、研修における率直な意見交換をすることで、より良い指導の体制・環境作りに役立っています。

1年目 チーフレジデント 片山 陸

イベント

当院では、医学生を対象としたイベントを開催しています。
イベントの様子を紹介していますので、ぜひご覧ください。