横浜市立市民病院

戻る
HOME

医療関係者の方

初期臨床研修について

臨床研修の理念と方針

1.臨床研修の理念

自ら学ぶ志高き医師であり、全ての人々の想いを慮る誠実な人間であれ

2.臨床研修の方針

1.患者の尊厳を大事にし、誰に対しても誠意をもって対応できる医師を育成
2.職種の垣根を超えた、横断的なコミュニケーションを促進
3.自ら学び、教え合うことで成長し続ける医師を育成
4.研修医一人ひとりの「優れたところ」を伸ばす研修を提供
5.明るい雰囲気の中、充実した研修生活を提供

3.臨床研修の特徴

・ファーストタッチは初期研修医
・common diseaseから高度な難治性疾患まで経験できる研修
・診療科数及び指導医数が多く充実した指導体制
・多彩かつ豊富な勉強会、研修会の開催
・学術発表の機会が豊富
・全国から集まる意識の高い仲間と切磋琢磨できる環境

臨床研修委員会委員長からのメッセージ

臨床研修委員長
臨床研修委員長
小松 弘一

当院では研修医にとって学びやすい環境の提供を心掛けており、和やかな雰囲気の中で研修に取り組んでいます。その理由の一つとして、当院では研修医の人間性を重視した採用試験形式になっているという点が挙げられます。採用試験ではグループ面接を重視し、積極性、協調性、独創性、論理性の4つの視点から注意深く観察します。モチベーションを高く持った研修医にとっては、大変学びやすい環境となっており、研修内容についても充実したプログラム構築になっています。具体的には、従来の必修科目に加えて外科・小児科・麻酔科を必修としており、自由選択期間の9ヶ月間では全診療科の中から選択した診療科にて研修を受けます。これにより、内科系、外科系にも強い研修医の育成が可能となり、また同時に研修医の将来の選択の幅も広がってまいります。

当院の指導医は、医療に関する高い倫理観、十分な知識、確かな技術を持っており、次世代を担う医師を育てることは当然の仕事と考えております。横浜市の基幹病院として急性期医療に積極的に取り組むとともに、救命救急センター、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、第一種感染症指定医療機関、国の地域周産期母子医療センターに指定されているなど、日常よく遭遇するcommon diseaseから高度な医療を必要とする重症患者や難治性疾患まで十分な経験を積むことができます。そして、経験した症例をまとめて学会発表や論文投稿の機会もあります。

このように当院は研修医から出された意見に柔軟に対応し、やる気のある研修医に最高の研修環境の提供ができる病院であると言うことができます。

チーフレジデントからのメッセージ

  1. 画像
  2. 画像

当院の研修のポイントはなんと言っても「雰囲気の良さ」です。研修医42人が自主性をもって活き活き研修生活を送っています。Common diseaseから悪性腫瘍や3次救急レベルの疾患まで豊富な症例を経験でき、研修医が最前線で活躍することができます。また、研修医同士での自主的な勉強会や手技の練習なども行っていて、お互い、切磋琢磨し合いながら成長できる病院です。
熱心な指導医の先生、気さくに接してくださるコメディカルの方々、身近な先輩、励まし合える同期に囲まれて過ごすことができ、この病院で研修できて本当に良かったと思っています。
見学に来ていただければ、楽しそうに研修をしている雰囲気を感じてもらえると思います。是非、一度お越しください。

チーフレジデント 岩澤 佑治

イベント

当院では、医学生を対象としたイベントを開催しています。
イベントの様子を紹介していますので、ぜひご覧ください。