横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

腫瘍内科

診療科紹介

岡本 浩明 医師

腫瘍内科医師は3名在籍し、うち2名は呼吸器内科を兼務しています。当科は悪性腫瘍に対する薬物療法を専門に行う診療科ですが、当院では各科毎に臓器別のがん診療が行われているため、他科からの依頼もしくは患者さんご自身から腫瘍内科での治療の希望があった場合に診療しております。また、原発不明がんや複数臓器にまたがる重複がんで主科を決め難い患者さんも当科が担当します。治療の基本方針は、診療ガイドラインを基に、科学的根拠に基づく医療の提供を原則としています。

外来のご案内

主な対象疾患と治療実績

平成29年度は、呼吸器系腫瘍(肺がん、中皮腫など)を除く腫瘍内科の患者さんとしては、乳がんの術後補助化学療法が最多でした。その他食道がん、子宮がん、卵巣がん、腹膜がん、原発不明がん、口腔がん、頭頚部がん、軟部肉腫などを扱いました。

  • 外来受診数:延べ17,175 人
  • 新規患者数:1,087 人
  • 外来化学療法実施件数(内服薬以外):4,633 人
  • 入院患者数:延べ19,497 人

医師紹介

担当医師一覧

呼吸器内科Dr

外来担当医師一覧はこちら
岡本 浩明(オカモト ヒロアキ) 科長 部長(がんセンター長 呼吸器内科長兼務)
卒業年:
昭和59年
専門:
呼吸器内科、腫瘍内科
取得資格:
日本内科学会総合内科専門医・指導医、 日本呼吸器学会専門医・指導医、 日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、 日本肺癌学会評議員(中皮腫ガイドライン小委員会委員)、 日本臨床腫瘍学会協議委員、 JCOG(効果安全性評価委員会委員長・運営委員など)、 TORG 理事、 横浜市立大学大学院客員教授
石井 真理(イシイ マリ) 医長
卒業年:
平成13年
専門:
呼吸器内科、腫瘍内科
取得資格:
日本内科学会認定医、総合内科専門医、 ICD(インフェクションコントロールドクター)、 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、 日本がん治療認定医機構がん治療認定医、 日本呼吸器学会専門医