横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

消化器内科

診療科紹介

小松 弘一 副病院長
小松 弘一 医師

消化器内科は大変広い領域を対象としていますが、上部消化管(食道、胃、十二指腸)、下部消化管(小腸、大腸)、肝臓、胆道、膵臓の各領域の専門医を擁しており、医療に関する高い倫理観、十分な知識、確かな技術を持ち、専門性を生かした診断と高水準の医療を提供できるように、さらなる研鑽に努めています。
本院は地域がん診療連携拠点病院に指定されておりますが、消化器内科はさらに厚生労働省がん研究班(Japan Clinical Oncology Group;JCOG)の班員にもなっていて、国立がん研究センターとの緊密な連携のもとで早期消化器がんの発見・治療から進行がんに対する抗がん剤を用いた全身化学療法を積極的に行っています。 各種消化器がんに対する最も有効な治療法を確立することを目的とし、この研究活動を通してがんの治癒率および治療の質の向上を目指しています。

高画質ハイビジョン対応のユニットを備えた内視鏡センターでは、高度の内視鏡治療を行うとともに多数の吐下血をはじめとする緊急内視鏡検査に対して24時間・365日対応できる体制を整えています。昨年度の緊急内視鏡止血術の施行数は285件でした。
定期的なカンファレンスにおいて症例を検討することによって全スタッフで治療方針を決定するとともに、一般消化器外科や放射線科、病理部門などとの連携を取り、集学的治療を実践しています。

外来のご案内

外来担当医師一覧に示されている専門領域をご参照ください。

実績

平成26年度の実績です。年間の入院患者数は1,600人以上で、常時50人前後の患者さんが入院しており、平均在院日数は11.1日です。非常に多くの内視鏡検査(9,076件/年)を行うとともに、多数の内視鏡治療を行っています。
早期胃がんに対する内視鏡下粘膜下層切開剥離術(ESD)73件/年、食道・胃静脈瘤治療58件/年、吐血などによって夜間や休日に行われる時間外緊急内視鏡検査297件/年(これ以外にも平日の日中に多数の緊急内視鏡検査がおこなわれています)、早期大腸がんに対するESD32件、大腸ポリープに対する内視鏡下切除術を486件/年、それぞれ施行すると共に、多数の潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患を治療しています。
肝臓疾患は入院患者さんの約35%を占め、その約2割が肝がんです。血管造影による抗がん剤動注・塞栓療法(TAE)73例/年、エコーガイド下ラジオ波焼灼術(RFA)26例/年、施行すると共に、より進行した肝がんに対してはネクサバール治療を10例新規に開始しました。
慢性C型肝炎に対するインターフェロン療法や最新のインターフェロンフリー経口剤治療、および慢性B型肝炎に対するアナログ製剤を用いた治療を多数行っており、肝がんの発生予防に努めています。
また、原発性胆汁性肝硬変(PBC)などの難病に指定されている特定疾患の症例(78例)が集まっています。
胆・膵疾患に対しては、内視鏡的逆行性膵・胆管造影検査(ERCP)を233件/年施行していますが、このうち胆石除去術あるいは胆道がんや膵臓がんに基づく閉塞性黄疸に対するステント留置術などのERCP下治療を186件/年行っています。
その他、超音波内視鏡も備えており、胆道・膵臓の精密検査に威力を発揮しています。 昨年度の施行数は119件でした。
前述の如くJCOGの班員にもなっており、抗がん剤を用いた全身化学療法を積極的に行っています。
当院では外来化学療法室が整備されているため、これらの化学療法治療の多くは外来で通院しながら行うことが可能であり、治療中の患者の生活の質の向上に努めています。

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
小松 弘一(コマツ ヒロカズ) 部長(副病院長、消化器病センター長兼務)
卒業年:
昭和57年
専門:
肝癌ラジオ波凝固療法、ウイルス性肝炎、上部消化管内視鏡治療
取得資格:
日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会指導医、日本肝臓学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医
藤田 由里子(フジタ ユリコ) 部長
卒業年:
平成6年
専門:
消化器癌化学療法
取得資格:
日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本癌治療学会認定医、日本肝臓学会専門医
小池 祐司(コイケ ユウジ) 部長(内視鏡センター長兼務)
卒業年:
平成8年
専門:
炎症性腸疾患の診断・治療、早期消化器癌の内視鏡治療、胆道・膵疾患に対する内視鏡検査・治療
取得資格:
日本消化管学会専門医
諸星 雄一(モロホシ ユウイチ) 部長
卒業年:
平成10年
専門:
炎症性腸疾患の診断・治療、早期消化器癌の内視鏡治療
取得資格:
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医職
長久保 秀一(ナガクボ シュウイチ) 医長
卒業年:
平成11年
専門:
胆道・膵疾患に対する内視鏡検査・治療、上部消化管内視鏡治療
取得資格:
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
今村 諭(イマムラ サトシ) 医師
卒業年:
平成19年
専門:
一般消化器
取得資格:
日本内科学会認定医
伊藤 剛(イトウ ツヨシ) 医師
卒業年:
平成19年
専門:
一般消化器
取得資格:
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医
角田 裕也(ツノダ ユウヤ) 医師
卒業年:
平成19年
専門:
一般消化器
取得資格:
日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医
辻野 誠太郎(ツジノ セイタロウ) 臨床研究医
卒業年:
平成25年
専門:
一般消化器
取得資格:
日比 則孝(ヒビ ノリタカ) 臨床研究医
卒業年:
平成26年
専門:
一般消化器
取得資格:
杉本 祐一(スギモト ユウイチ) 臨床研究医
卒業年:
平成26年
専門:
一般消化器
取得資格:
茅島 敦人(カヤシマ アツト) 臨床研究医
東 佑香(ヒガシ ユカ) 臨床研究医