横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

リハビリテーション科

診療科紹介

高橋 素彦 医師

リハビリテーション科では脳卒中や骨折などで思うように手足が動かせなくなったり、病気などで全身の力が落ちて起き上がれなくなったり、また言葉が出にくくなったり、飲み込みの機能が低下した場合などに理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が訓練をおこないそれらの機能の回復をはかっています。当院では主に発病すぐの急性期からの入院リハビリテーションを中心におこなっておりますが、退院後にも継続してリハビリテーションされる方もいらっしゃいます。また外来としては通常の診療に加え、脳卒中後などの上下肢痙性に対するボトックス注射や、装具外来として切断後の義足や歩行用の装具などの作製もおこなっています。

入院を要するような病気に罹った場合、程度は様々ですが全ての方が必ず諸々の身体機能の低下を来たします。原因は病気そのものの後遺症であったり、安静臥床による二次的な機能低下であったりと様々です。その結果、病気は治ったけれども歩行が不自由になったり、身のまわり処理をするのに介助が必要になったりする事もあります。

当科においてはそのような状態になることを極力予防する観点から、我々リハビリテーションスタッフと各主治医、看護師、栄養士、ケースワーカーなどと連携をとりながら身体機能・精神機能の維持・向上を目的とした治療を行っております。

地域で暮らす身体障害がある方が身体機能の低下を起こさないように、そして本来持っている能力にふさわしい生活ができるようにという観点から、入院に引き続き外来での診療を行っております。

また、県内のリハビリテーション専門医療機関と連携をとって診療を行っています。

対象疾患

リハビリテーション科は疾患ごとに診療を行う縦割り医療ではなく、身体機能を低下させるようなあらゆる疾患を対象としています。原疾患の治療にあたる各科の治療と並行してリハビリテーション科独自の取り組みを行います。したがって、主な対象疾患は、脳血管障害、整形外科疾患、神経難病のみでなく、内科疾患や外科疾患による顕著な体力低下なども重要な対象疾患となっております。

スタッフ
  • リハビリテーション医師 2名
  • 理学療法士 12名
  • 作業療法士 4名
  • 言語聴覚士 2名

外来のご案内

リハビリテーション治療をご希望の方へ

外来・入院を問わず、治療を希望される方はリハビリテーション科医師による診察を受診してください。

実績

新規患者数 約2,000人(平成24年度)

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
高橋 素彦(タカハシ モトヒコ) 医長
卒業年:
平成11年
専門:
嚥下障害、脳卒中
取得資格:
日本リハビリテーション医学会指導責任者・専門医、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
内藤 咲月(ナイトウ サツキ) 副医長
卒業年:
平成18年
専門:
リハビリテーション
取得資格:
日本リハビリテーション医学会専門医