横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

呼吸器外科

診療科紹介

吉津 晃 吉津 晃 医師

呼吸器外科で扱う主な疾患は、肺悪性腫瘍(原発性肺癌、転移性肺腫瘍など)、気胸や縦隔腫瘍(胸腺腫瘍など)、感染・炎症性疾患などであり、すべての疾患に対応しております。根治性とともに体にやさしい手術を目指し内視鏡手術(胸腔鏡手術)にも積極的に取り組んでおりほぼ全手術で行っています。特に当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、胸部悪性疾患の手術症例数が多いことが特徴です。日本臨床腫瘍研究グループ (JCOG)、西日本がん研究機構(WJOG)に所属し新しい治療の開発に取り組んでいます。また、当院は各科の揃う総合病院であり、様々な併存疾患(透析導入中、狭心症や慢性動脈閉塞症など循環器疾患)の患者さんに対しても対応可能であり、各専門医と連携し、患者さん一人ひとりの状態に合った治療・手術を施行しています。当科は呼吸器外科専門医合同委員会から認定修練施設の基幹施設に認定されており、医師全員が呼吸器外科専門医資格を有していますので安心して治療をお受けいただけます。

肺悪性腫瘍(原発性肺癌、転移性肺腫瘍など)
原発性肺癌などの胸部悪性疾患の診療は単一科の守備範囲にとどまらず、複数の科が連携するチーム医療によることが多くなっています。当院では呼吸器内科医、呼吸器外科医、放射線医、病理診断医により構成される呼吸器診療グループが呼吸器カンファレンス、臨床病理カンファレンス、cancer board(キャンサーボード)などを行うことにより、緊密な連携診療を行っています。「癌の完全切除(=癌の根絶)」と「術後の生活に支障を来たさないこと」を両立できるよう、個々の患者さんにとって最適な手術を目指しております。また、緩和ケア内科とも適宜連携して診療にあたっております。 比較的早期の肺癌や転移性肺腫瘍症例に対しては、胸腔鏡を用いて小さな傷で済む手術を施行しており、身体へのダメージが少ない手術を目指しております。 そのような場合は手術後1週間以内に退院できることが多いです。
2004年から2008年における当院における原発性肺癌の完全切除症例264例の5年生存率は以下の通りでした。(新TNM分類第7版(2009)による分類) IA 90.5%  IB 81.2%  IIA 61.9%  IIB 62.2%  IIIA 49.5%
気胸
自然気胸は突然に発症する胸痛と呼吸困難が特徴です。治療法はドレナージといって胸に管を留置する保存的治療と、空気の漏れた原因(多くの場合は肺のう胞(ブラ/ブレブ))を手術的に切除する二つがあります。当科では以下のような場合に手術的治療を選択しています。手術は基本的には胸腔鏡下で行います。
  • 再発を繰り返す場合(再発率を下げる目的)
  • 初発でも保存的治療で空気漏れが止まらない場合(空気漏れを止める目的)
  • 初発でも患者さんが手術的治療を希望される場合
  • 血胸を伴う(血気胸)場合
その他
気胸以外の良性疾患(巨大肺のう胞症、肺過誤腫などの良性腫瘍など)や、診断目的の手術(間質性肺炎に対する肺生検)などに対しても、適応があれば積極的に手術を施行しています。お気軽にご相談ください。

外来のご案内

外来は火曜日と金曜日の午前に原則として予約制で対応しています。手術は月曜日、水曜日、木曜日午前午後に行っております。お困りの患者さんがいらっしゃいましたら予約外でも対応いたしますのでご連絡ください。手術中などでは呼吸器内科へご紹介させていただく場合もございます。また近年、胸部レントゲンやCT で肺癌の可能性のある結節を指摘することが増加しておりますが、特に肺末梢部に発生した結節に対しては内科的にアプローチ困難であり、診断と治療を兼ねる胸腔鏡手術の良い適応となります。診断に迷う肺結節陰影を認めた場合は、ご相談ください。

医師紹介

担当医師一覧
外来担当医師一覧はこちら
吉津 晃(ヨシヅ アキラ) 部長
卒業年:
平成4年
専門:
呼吸器外科
取得資格:
呼吸器外科専門医・評議員、日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本胸部外科学会認定医、日本外科学会専門医・指導医、医学博士、慶應義塾大学医学部非常勤講師
福冨 寿典(フクトミ トシノリ) 副医長
卒業年:
平成16年
専門:
呼吸器外科
取得資格:
日本外科学会専門医、呼吸器外科専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、医学博士
当院では、医療の質の向上に寄与することを目的とする「外科系の専門医制度と連携したデータベース事業」(一般社団法人National Clinical Databaseが運営)に参加しています。個人情報を保護しながら手術や検査などに関する情報を登録しています。詳しくは下記をご覧ください。 上記のデータベース事業について