横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

炎症性腸疾患センター

センター紹介

杉田昭医師 副病院長
杉田 昭 医師

炎症性腸疾患センターは、潰瘍性大腸炎とクローン病を主とする炎症性腸疾患の診断、治療を目的として2013年4月に開設され、炎症性腸疾患科(内科、外科担当)、消化器内科(内科担当)で構成されています。
当センターでは種々の検査などにより的確な診断を行って個々の患者さんに適した治療法を選択し、適切な内科治療(内視鏡治療を含む)、または、外科治療を行っております。
当センターは本邦でも数多くの炎症性腸疾患患者さんの診断、治療を行う基幹センターのひとつとして、先進的な治療を含めた医療を行っております。また、その結果を学術集会、論文などで公表して更に質の高い医療を患者さんに提供できるように努めています。講演会、相談会などで周辺地域の先生方、医療スタッフの方々や患者さんに的確な情報をお伝えし、皆さんと協力して診療を行っています。
患者さんの数が年々増加する炎症性腸疾患に対して診断、および内科、外科治療ともに質の高い医療が提供できるように、専門医の育成を含めてセンターの充実に取り組んでいきます。

外来のご案内

炎症性腸疾患(IBD)科消化器内科をご覧ください。

医師紹介

担当医師一覧
担当医師一覧はこちら
杉田 昭(スギタ アキラ) 副病院長・炎症性腸疾患センター長
兼務:
炎症性腸疾患(IBD)科
小金井 一隆(コガネイ カズタカ) 部長
兼務:
炎症性腸疾患(IBD)科
辰巳 健志(タツミ ケンジ) 医長
兼務:
炎症性腸疾患(IBD)科
二木 了(フタツキ リョウ) 副医長
兼務:
炎症性腸疾患(IBD)科
黒木 博介(クロキ ヒロスケ) 副医長
兼務:
炎症性腸疾患(IBD)科
福島 恒男(フクシマ ツネオ) 非常勤
荒井 勝彦(アライ カツヒコ) 非常勤
小菅 経子(コスゲ ノリコ) 非常勤
小池 祐司(コイケ ユウジ) 部長・内視鏡センター長
兼務:
消化器内科
諸星 雄一(モロホシ ユウイチ) 部長
兼務:
消化器内科