横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

母子医療センター

センター紹介

茂田 博行 茂田 博行 医師

当センターではたくさんの分娩を取り扱っています。ハイリスクの分娩にも対応しており、母体、胎児になんらかの問題がある場合には、どういう対応が最善か、いつ出産するのがいいのか、産科医師と小児科医師が常に協議して方針を決定しています。産科医師、小児科医師のみならず麻酔科医師も24 時間常に病院におり、迅速な対応ができるようになっています。総合病院であるため、様々な合併症のある妊婦さんにも各診療科と連携して対応しています。胎児に心配がある場合には、小児科医師が待機している状態で出産となるようにしています。また、新生児集中治療室(NICU)6 床と新生児治療回復室(GCU)6 床を有し、「Family Centered Care ( ファミリーセンタードケア:児と家族を中心とした医療)」を重視した新生児治療と家族支援を行っています。

外来のご案内

母子医療センター受診希望の患者さんは、まず、産婦人科の初診として当院を受診してください。

実績

平成28年

  • 分娩数 1103
  • 帝切数 216
  • NICU/GCU入院患者数 214人
  • 出生体重1500g 未満の新生児入院数 12人
  • 母体搬送受入数 26件
  • 新生児搬送受入数 31人

医師紹介

担当医師一覧
担当医師一覧はこちら
茂田 博行(シゲタ ヒロユキ) センター長
兼務:
産婦人科長兼務
山下 行雄(ヤマシタ ユキオ) 副センター長
兼務:
小児科長兼務