横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

心臓血管センター

センター紹介

小松弘一医師 根岸 耕二 医師

平成26年度より設立の“心臓血管センター”は、心臓疾患(狭心症・心筋梗塞・心不全など)、不整脈(薬物治療、ペースメーカー治療、植込み型除細動器)、大動脈疾患(大動脈解離、大動脈瘤)、末梢動脈疾患(下肢動脈閉塞、腎・鎖骨下動脈狭窄等)、静脈系疾患(下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、肺塞栓症、透析シャント不全)等の疾患に対して、循環器内科と心臓血管外科で連携しながら一貫した医療を提供するためのものです。
日本循環器学会専門医が5人、心臓血管外科専門医が3人所属し、日本循環器学会、日本心血管インターベンション学会の認定研修施設となっています。冠動脈、下肢動脈疾患を中心に年間470~500例弱(2015年1月~12月で486例)のカテーテル手術を行っており、急性心筋梗塞、切迫梗塞に対する緊急手術を約150例で行っています。心停止搬入例でも脳低温療法の併用のより8例の患者さんが独歩(自分で歩いての)退院、完全社会復帰しています。
また外科では弁膜症、冠動脈疾患、大動脈瘤など63例の心臓大血管手術、83例の末梢動静脈手術を行っています。昨年度から脳分離体外循環を併用した上行~弓部大動脈の手術を開始しました。
今後も順次(新規の)診断・治療手技を拡張し、頼りがいのある心臓血管センターを目指します。患者さんひとりひとりを十分に検討し丁寧な施術、治療を心がけています。

外来のご案内

循環器内科心臓血管外科のページをご覧ください。

医師紹介

担当医師一覧
担当医師一覧はこちら
根岸 耕二(ネギシ コウジ) 循環器内科長
兼務:
循環器内科
小浦 貴裕(コウラ タカヒロ) 担当部長
兼務:
循環器内科
山川 裕之(ヤマカワ ヒロユキ) 副医長
兼務:
循環器内科
酒井 正憲(サカイ マサノリ) 副医長
兼務:
循環器内科
北島 龍太(キタジマ リュウタ) 医師
兼務:
循環器内科
中村 治紀(ナカムラ ハルキ) 臨床研究医
兼務:
循環器内科
平出 貴裕(ヒライデ タカヒロ) 臨床研究医
兼務:
循環器内科
三山 寛司(ミヤマ ヒロシ) 臨床研究医
兼務:
循環器内科
浦中 康子(ウラナカ ヤスコ) 心臓血管外科長
兼務:
心臓血管外科
西田 誉浩(ニシダ タカヒロ) 担当部長
兼務:
心臓血管外科
安田 章沢(ヤスダ ショウタ) 副医長
兼務:
心臓血管外科