横浜市立市民病院

戻る
HOME

診療科・部門

婦人科内視鏡手術センター

センター紹介

吉田 浩 吉田 浩 医師

婦人科では従来開腹で行われてきた手術がより低侵襲で繊細な操作が可能な腹腔鏡手術に急速に移行してきています。当院でも、腹腔鏡手術を積極的に行ってまいりましたが、悪性腫瘍手術などの高度な手術を集中的に行うことを目的として、当センターを開設いたしました。早期の子宮体癌は腹腔鏡下子宮体がん根治術として保険適応であり、子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術は先進医療となりました。また進行した子宮体がん、進行した子宮頸がん、リンパ節郭清を要する卵巣がん手術には自費診療で対応しています。今後、より腹腔鏡手術の有用性が増すものと考えています。
以上のように当センターでは、卵巣腫瘍、子宮内膜症や子宮筋腫に対する腹腔鏡下手術、子宮鏡手術はもちろんのこと、内視鏡技術認定医と婦人科腫瘍専門医の協力のもと、準広汎子宮全摘や広汎子宮全摘、骨盤リンパ節郭清や傍大動脈リンパ節郭清を含めた悪性腫瘍手術にも取り組んでいます。手術が必要か否か、必要とすればどういった手術を選択するのが最善か、常に患者さん自身とよく相談させていただきながら、治療方針を決定するようにしておりますので、いつでもご相談ください。

外来のご案内

婦人科内視鏡手術センター受診希望の患者さんは、まず、産婦人科の初診として当院を受診してください。

医師紹介

担当医師一覧
担当医師一覧はこちら
吉田 浩(ヨシダ ヒロシ) 婦人科内視鏡手術センター長
卒業年:
平成6年
専門:
婦人科内視鏡手術、悪性腫瘍、生殖医療
取得資格:
日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本がん治療認定医、 生殖医療専門医、臨床研修指導医、日本産科婦人科学会評議会、横浜市立大学非常勤講師
茂田 博行(シゲタ ヒロユキ) 産婦人科長
卒業年:
昭和58年
専門:
周産期、悪性腫瘍
取得資格:
日本産科婦人科学会専門医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本周産期・新生児学会専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本内分泌学会評議員、日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター、臨床研修指導医(厚生労働省)、横浜市立大学医学部臨床教授
片山 佳代(カタヤマ カヨ) 副医長
卒業年:
平成14年
専門:
婦人科内視鏡手術
取得資格:
日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医
大井 由佳(オオイ ユカ) 副医長
卒業年:
平成15年
専門:
婦人科内視鏡手術、産婦人科一般
取得資格:
日本産科婦人科学会専門医、日本がん治療認定医
石寺 由美(イシデラ ユミ) 医師
卒業年:
平成18年
専門:
婦人科内視鏡手術、産婦人科一般
取得資格:
日本産科婦人科学会専門医、日本がん治療認定医
平田 豪(ヒラタ ゴウ) 医師
卒業年:
平成19年
専門:
産婦人科一般
取得資格:
日本産科婦人科学会専門医