横浜市立市民病院

戻る
HOME

入院・お見舞いの方

入院される方

お見舞いの方

入院の手続きについて

  • 入院日の決まっている患者さんは、特に指定されている場合を除き、入院当日の午前10時~10時半の間に、1階窓口8番(入院受付)で入院の手続きをしてください。
  • 入院日が決まっていない方は、入院日が決まり次第、病院からご連絡します。
  • 都合で指定日時に来院できないとき、又は入院をとりやめたいときは、なるべく早く各診療科外来までご連絡ください。
休日入院の場合
  • 入院日前の平日に入院する病棟をご連絡します。特に指定された場合を除き、午前10にご来院ください。当日は南玄関(救命救急センター入口)から入り、直接、病棟のナースステーションにお越しください。
  • 入院当日・前日のキャンセル等の連絡は、入院予定の病棟へお願いします。
  • 入院の事務手続きは平日に行いますので、「入院申込書」及び「健康保険証」等を1階窓口8番(入院受付)にご提出ください。
  • 当院では、ご入院される方に「連帯保証人(患者さんと生計の異なる成人1名)」を選出していただいております。入院申込書は署名及び捺印をした上でご提出願います。
  • クレジットカードをお持ちの方は、入院申込書の裏面に必要事項を記載いただくことで連帯保証人選出に代えることが可能です。入院申込書の表面「□連帯保証人(裏面記載あり)」にチェックをし、裏面の必要事項をご記入ください。

緩和ケア病棟への入院については、こちらをご覧ください。

入院時の持ち物について

入院の手続きに必要なもの
  • 入院申込書
  • 診療券、健康保険証(高齢者受給者証、限度額適用認定証等も併せてお持ちください)
  • 医療券(医療保護を受けている方のみ)
  • 事業主発行の書類(労災で入院の方のみ)
  • 印鑑
病棟看護師に提出いただくもの
  • 質問票
  • 服用中の薬、お薬手帳(お持ちの方のみ)
  • 手術、検査、輸血等の同意書
日用品
  • 洗面用具、歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸、シャンプー、タオル、バスタオル、
  • パジャマ(レンタルパジャマもご利用いただけます)、着替え、ガウンなどの羽織る物、上履きなどのころびにくい履物
  • 箸、湯のみ、スプーン、ティッシュペーパー
  • 「入院のご案内」(冊子)
  • 特に指定があったもの
  • 他院からの転院の場合は、紹介状(原本)と退院証明書をお持ちください。
  • 貴重品や多額の現金はお預かりできませんので、病院にお持ちにならないでください。院内での盗難、紛失等には責任を負いかねます。

入院中の生活について

ネームバンド着用のお願い
  • 当院では、安全管理のため、入院中はネームバンドの着用と、検査時等に診療券の携帯をお願いしています。また、本人確認の際は、患者さんと一緒に行いますのでご協力をお願いします。
入院中にお守りいただくこと
  • 入院中は冊子「入院のご案内」及び各病棟に備え付けの「病棟のご案内」等をお読みいただき、病院の諸規則をお守りください。
迷惑行為の禁止について
  • 当院は敷地内全面禁煙となっておりますので、入院中の喫煙はご遠慮ください(たばこの持ち込みについてもご遠慮願います)。
  • 危険物の持ち込みや飲酒は固くお断りします。
  • 他人に迷惑をかけたり、病院の秩序を乱す行為があった場合は、退院していただく場合があります。
携帯電話の使用について
  • 公衆電話の周囲や家族控室などの許可された場所以外での通話はご遠慮ください。近くに医療機器がある場合は電源をお切りください。
  • 下記の場所では、必ず電源をお切りください。
     手術室
     集中治療室(ICU、CCU、HCU、NICU)
     救命救急センター
     血液透析室
     分娩室、陣痛室、新生児室
     各種検査室、治療室
     外来診察室、中待合室
食事について
  • 医師の指示により、病状に応じた食事をご用意いたします。メニューの選択ができる場合もあります。
  • ご質問などがありましたら、看護職員を通して栄養士にご相談ください。
テレビについて
  • 病室にはカード式テレビを設置しています。病棟デイルームの販売機でテレビカードとイヤホンをご購入の上、ご利用ください。
  • テレビカードの残額は、1階南玄関受付(警備室)脇にある精算機でご精算いただけます。
病室等の変更
  • 緊急で入院した場合や患者さんの病状等により、病室やベッドを移動させていただくことがあります。
外出・外泊
  • 外出・外泊には医師の許可が必要です。希望されるときは、必ず事前に届け出てください。
贈り物等のお断り
  • 入院中や退院時の医師や職員への贈り物はお断りしております。

入院の費用について

入院費の算定方法
  • 入院費の計算は、健康保険法等の規定により、泊数ではなく日数計算となります。(1泊2日の入院の場合、入院費は2日分で計算することになります。)
  • 保険証の提示がない場合は、自費請求となります。また、保険証の変更がある場合には、すみやかに1階窓口8番(入院会計)へご提示ください。
  • 交通事故、分娩介助料、文書料など、健康保険法の適用を受けない診療費等の費用は、横浜市条例で定める方法で算定します。
  • 保険適用外のものは、実費をいただきます。
特別室のご案内
  • 特別室のご利用を希望される場合は、お申し出ください(病室の空床状況や病状により、ご希望に添えない場合があります)。なお、特別室使用料についても、入院費と同じく1日(暦日)単位で計算されます。
区分別使用料一覧
区分使用料(税込)主な設備設置病棟
1人室A 34,560円 バス、トイレ、洗面台、前室、クローゼット、冷蔵庫、電話、テレビ、ソファー 西病棟3・4・5階
1人室B 25,920円 バス、トイレ、洗面台、冷蔵庫、電話、テレビ、ソファー 南病棟4・5・6・7階
東病棟4・5階
1人室C 17,280円 シャワー、トイレ、洗面台、冷蔵庫、テレビ、チェアー 西病棟2・3・4・5階
1人室D 9,720円 トイレ、洗面台、冷蔵庫、テレビ、チェアー 南病棟3階、西病棟4階を除く各病棟
1人室E 6,480円 洗面台、冷蔵庫、チェアー 南病棟5階、西病棟を除く各病棟
2人室A 4,320円 洗面台、チェアー 南病棟3・4階

入院費の請求とお支払いについて

退院時の会計
  • 退院日前日の午後に概算額をお知らせします。前日朝の時点で退院が決まっている方が対象になりますので、それ以降に退院が決まった方は退院時に1階窓口8番(入院会計)でご確認ください。
  • 午前10時の退院時間までに請求書をご用意します。また、急な退院や当日の診療内容により、すぐに会計が出せない場合は、後日、電話でご連絡いたします。なお、退院時間が早まる場合等、お待たせすることがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 1階窓口8番(入院会計)で入院費をお支払いのうえ、ご退院ください。なお、後日会計となる場合も、お支払い方法の確認をさせていただきますので、1階窓口8番(入院会計)にお寄りください。
  • 土・日・祝日及び時間外の退院の場合は、後日、電話で連絡いたします(事前会計が可能な場合を除く)。
休日退院の事前会計
  • 休日(土・日・祝日)の退院があらかじめ決まっている場合には、事前に概算額をお知らせしますので、退院前の平日に1階窓口8番(入院会計)でお支払いください。なお、事前会計に退院までの費用を全て反映することができなかった場合、差額分は後日精算となりますのでご了承ください。
入院中の会計
  • 入院費は診療月ごとの請求になりますので、継続して入院されている方については、月末締めの請求書を翌月10日以降に病室へお届けします。
  • 請求書をお渡ししてから7日以内に、1階窓口8番(入院会計)でお支払いください。
支払方法
  • 下記の支払場所での精算が原則となります。

取扱時間・支払場所

区分 取扱時間 支払場所
平日 退院日当日 10:00~16:30 1階窓口8番(入院会計)
休日退院事前会計 13:00~16:30
入院中・退院後 8:45~16:30
平日 17:00~ 1階救急(ER)外来受付
休日(土・日・祝日) 終日
  • 1階救急(ER)外来受付でお支払いいただけるのは、事前にお渡しする請求書をお持ちの方に限ります。
  • 入院費のお支払いについてのご相談は、入院会計までお早めにご連絡ください。
金融機関窓口・コンビニエンスストアでのお支払いを希望される場合
  • 金融機関窓口・コンビニエンスストアでのお支払いを希望される場合は、1階窓口8番(入院会計)でおたずねください。
クレジットカードでのお支払いを希望される場合
  • クレジットカード払いをご希望の場合、支払方法のご指定がない場合は「1回払い」とさせていただきます。カードによっては「リボ払い・分割払い」がご利用になれない場合があります。また、設定の利用限度額を超えることはできません(利用限度額については、直接カード会社へお問い合わせください)。

退院の手続きについて

  • 当院の退院時間は、原則として午前10です。入院待ちの患者さんや緊急入院の病室を確保するため、ご協力をお願いします。
  • 担当看護師から退院後の注意事項や次回の外来受診日などについて説明を受け、1階窓口8番(会計窓口)で入院費の会計をお済ませのうえ、ご退院ください。

診断書・証明書について

申込方法
  • 診断書等申込書に必要事項をご記入のうえ、書類窓口にお申し込みください。文書料金は、入院費と併せて請求させていただきます。
ご入院中の取り扱い時間・場所
時間 場所
平日8:30~17:00 書類窓口
  • 退院日の記載が必要な書類は、退院日が決定次第お申込みください。
  • 身体障害者診断書は、作成の可否について判断を要しますので、お申し込み前に必ず医師へご相談ください。
作成期間等
  • 退院後、2週間から3週間程度をご予定ください(内容により退院後に作成できない書類がありますので、ご了承ください)。
  • 書類が出来上がりましたら、電話でご連絡します。
  • 郵送をご希望の方は、お申し込みの際にお伝えください(簡易書留郵送料392円をご負担いただきます)。
お問い合わせ
  • お預かりした書類に関するお問い合わせは、書類窓口へお願いします。
退院証明書
  • 退院時に「退院証明書」が必要な方は、あらかじめ病棟事務職員にお申し出ください。

早期退院に関するご理解とご協力のお願い

当院は急性期医療を担う病院として、高度かつ先進的な医療に取り組んでおります。さらに、365日24時間の救急医療体制を整え、できる限り多くの急性期の患者さんを受け入れております。

また、「地域医療支援病院」の承認を受け、地域の医療機関との連携・協力のもと、紹介制を中心とした診療を行っております。

このような理由から、退院目標に到達し、病状が安定した患者さんには、早期に退院していただき、他の医療機関への転院やご自宅で療養されることをお願いしておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

なお、当院では、地域医療連携・医療福祉相談・在宅ケア相談の窓口として「患者総合サポートセンター」を設置しています。退院や転院、療養などの相談にご利用ください。

その他

  • 当院では、患者さんの個人情報保護のため、患者さんの入院についてのお問い合わせにはお答えしておりませんのでご了承ください。親戚や知人・友人の方などに、あらかじめご家族の方からご連絡いただきますようお願いいたします。
  • 病室入口にお名前を表示することを希望しない患者さんは、病棟の職員にお申し出ください。
  • 当院では、研修医をはじめ、看護学生などの実習生を受け入れています。研修や実習を通じて患者さんとの関わりを学ぶために、入院中の患者さんを受け持たせていただくことがありますので、ご理解いただきますようお願いいたします。