横浜市立市民病院

戻る
HOME

講座・イベント

夏休み特別企画「体験型医療職場訪問」~病気は、予防するもの?治療するもの??~

 

講座・イベントレポート

平成25年8月3日(土)横浜市立市民病院で初の試みとして、「夏休み特別企画 体験型医療職場訪問」を開催しました。
中高生など33人が参加し、医師、栄養士による全体講義や、グループに分かれて各部門をまわり、様々な専門職の指導による体験学習を受けました。
■講義「生活習慣病について」
講師:横浜市立市民病院 糖尿病リウマチ内科 平野 資晴 医師
Ⅰ 体のつくりと機能について
Ⅱ 病気について~生活習慣病の中の糖尿病を中心に~
■CT(画像診断部)
 CT装置で人体模型やかぼちゃ、魚などを撮影、3D処理をした画像も見ました。
■エコー(検査部)
 心臓超音波検査(心エコー検査)を体験。
■バイタル(看護部)
 血圧測定、脈拍測定や動脈血酸素飽和度の測定を体験。
■調剤(薬剤部)
 薬の一包化(様々な薬を一回分ずつ包む)、水剤(液体状の飲み薬)、散剤(粉末状の飲み薬)を体験。
■透析(臨床工学部)
 透析膜(ダイアライザ)にコーヒー牛乳を通す実験をして、分離された液体の色や味を比較。
■リハビリ(リハビリテーション部)
 反復唾液嚥下テスト(飲み込みの確認)や認知機能のテストを体験。姿勢の確認もしました。
■病院食試食・栄養のお話(栄養部)

  • 心エコーを体験

  • 病院食を試食

  • みんなで記念撮影もしました

 

講座・イベント概要

日々、医療の現場で働くスタッフが、実際の病院を巡りながら病院の仕事を案内します!
今回は「生活習慣病」をテーマに、様々な体験をしながら学んでいただきます。
学校で習ったことはどんな風に現場で活かされているのか?
教科書のおさらいに、職業体験に…。

日時 平成25年8月3日(土)9:00~14:00
会場 横浜市立市民病院
内容 プログラム
 □講義(生活習慣病について)とオリエンテーション(30分)
 □実習(3時間)
   実際にCT装置を見てみよう! (画像診断部)
   薬を作ってみよう!調剤体験 (薬剤部)
   透析の仕組みを知ろう! (臨床工学部)
   超音波検査で心臓を見てみよう! (検査部)
   リハビリを知ろう!お話と体験 (リハビリテーション部)
   血圧と脈拍を測ってみよう!(看護部)
 □昼食 病院の食事を食べてみよう!病院食体験と栄養のお話(栄養部)(1時間)
 □アンケート記入等(30分)
 ※6~7人の6つのグループに分かれて、各部をまわって体験します。
受講対象 中学生・高校生(中学2年生以上の内容を中心としています。)
受講料 無料
募集人数 40人(多数の場合抽選)
申込方法 <募集は終了しています>
メールか往復はがきに
住所、氏名、連絡先、年齢、食物アレルギーを書いて、市民病院総務課へ。
お問い合わせ 横浜市立市民病院 総務課 (市民公開講座担当)
〒240-8555
 横浜市保土ケ谷区岡沢町56
TEL 045-331-1961
FAX 045-332-5599