横浜市立市民病院

戻る
HOME

医療関係者の方

地域がん診療連携拠点病院について

当院の取組

市民病院は、平成18年8月に「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。
手術、放射線治療、化学療法を効果的に組み合わせたチーム治療の推進や、緩和ケア病棟の活用など、患者さんの病態に応じた適切な医療を提供します。また、PET-CTの有効活用や、がん検診の専門施設として「がん検診センター」を併設し、がんの早期発見のため、一次検診から精密検査まで一貫して行っています。さらに、がん相談支援センターでは、当院の患者さんだけでなく、市民の皆さん、地域医療機関からのがん診療情報に関するお問合せなど、さまざまな方々の相談に対応しております。地域におけるがん診療の拠点としての役割を果たすべく、がんの早期発見、早期治療に向けて専門的な治療体制を確立するとともに、がん治療率の向上を目指し、今後も予想されるがん患者さんの診療機能の充実を図ってまいります。

地域がん診療連携拠点病院とは

質の高いがん診療を全国で等しく実施できるようにするため、我が国に多いがん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)等について、各地域におけるがん診療の連携・支援を推進するために拠点として設けるもので、都道府県知事の推薦に基づいて、厚生労働大臣が指定します。なお、指定にあたっては「緩和ケアチームの設置」「相談支援体制の整備」「院内がん登録の実施」等が重要な要件となっています。

がん相談支援センター

患者さんやご家族に対して、がんの標準的治療法や予防、早期発見などに関する情報の提供を行うため、「がん相談支援センター」を設置しています。当院のがん治療・診療内容の紹介のほか、セカンドオピニオンに関する相談なども受付ています。また、患者さんやご家族以外にも、市民の皆さんや地域の医療機関からの相談やお問合せも受付ています。 詳しくはがん相談支援センターのページをご覧ください。