横浜市立市民病院

戻る
HOME

病院のご紹介

病院情報の公表

平成27年度 横浜市立市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,669 322 502 801 1,280 1,319 2,560 3,834 2,493 467
解説
当院を27年度中に退院された患者さん(保険診療分)の年齢階級別内訳です。
総数は、15,247人で平均年齢は57.8歳となっています。階級別では70代が約25%で最も多く、60歳以上の患者さんで全体の約61%を占めています。
また、当院は「地域周産期母子医療センター」の認定を受けるなど、周産期や小児救急にも積極的に取り組んでおり、10歳未満の患者さんも多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470XX99X5XX 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 5あり 154 2.95 6.72 0.00% 60.16
070470XX99X6XX 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 6あり 56 2.96 2.91 0.00% 68.13
100070XXXXXXXX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 55 12.85 15.35 0.00% 66.31
解説
糖尿病リウマチ内科では、平成27年度404人の新入院患者さんを受け入れています。
リウマチは、関節リウマチ(RA)をはじめ、全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性硬化症(強皮症 SSc)、多発性筋炎/皮膚筋炎(PM/DM)、シェーグレン症候群(SS)、血管炎症候群などが主な対象疾患となっており、糖尿病は、栄養士、薬剤師と連携して糖尿病の知識を得る約2週間の教育入院が多くなっています。
感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010X0XXX0XX 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 75 14.65 18.99 6.67% 73.19
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 35 9.66 14.34 2.86% 65.11
130160XXXXX0XX 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2 なし 29 16.66 21.61 0.00% 39.38
解説
当院は、第一種及び第二種感染症指定医療機関として、感染症病棟を有し、幅広い感染症に対応しています。感染症内科では、平成27年度372人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、敗血症の患者さんを多く診療している他、多くの市中感染症(肺炎、尿路感染症、膿瘍感染症、感染性腸炎、全身発熱性感染症、ウイルス感染症(伝染性単核症、インフルエンザ、HIV等)、梅毒等STD(性感染症))の診療を行うとともに、輸入感染症(マラリア、サルモネラ、デング、狂犬病等)対策を行っています。
神経精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040XXXXXXXX 気分[感情]障害 11 21.91 21.79 36.36% 67.00
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - - - -
- - - - - - -
解説
神経精神科では、平成27年度30人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、気分障害の患者さんを多く診療しています。
本データでは、外来のデータが入っておりませんので症例数が反映されておりませんが、精神科一般疾患を対象として、ことばの遅れや子育ての悩み、チック、心因性の腹痛・頭痛といった乳幼児期・学童期の問題から、もの忘れ・徘徊・認知機能の低下といった高齢者の問題まで、すべての年齢の方を対象として診療しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 320 5.45 6.17 1.57% 0.00
040080X1XXX0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 265 6.22 5.72 0.00% 2.58
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2 なし 副傷病なし 172 6.13 6.31 0.00% 3.81
解説
小児科では、平成27年度1682人の新入院患者さんを受け入れております。
DPC名称別では、早産児などの新生児疾患が最も多く、地域周産期母子医療センターとして周産期医療に力をいれていることを反映しております。
また、横浜市小児救急拠点病院として、小児救急医療に24時間対応しておりますので、救急疾患として代表的な疾患である急性呼吸器感染症や、喘息発作の患者さんの入院が多くなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 111 32.00 28.70 62.16% 81.04
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 59 4.05 5.7 0.00% 51.54
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 47 25.87 27.21 12.77% 76.53
解説
整形外科では、平成27年度956人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、股関節大腿近位骨折などの患者さんを多く診療しています。
その他にも、特に重症救急外傷に力を入れており、整形外科の常勤医師が365日24時間、救急車に対応しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070520XX97XXXX リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 65 7.62 10.59 0.00% 61.68
060170XX02XXXX 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 12 9.17 8.85 0.00% 51.08
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - - - -
解説
形成外科では、平成27年度166人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、リンパ節、リンパ管の疾患を持つ患者さんを多く診療しています。
その他にも、顔面神経麻痺に対して、閉瞼(まぶたを閉じる)機能の再建、眉毛吊り上げ術、マイクロサージャリーによる神経移行術、遊離筋肉移植(“笑い”の表情の再建)などを行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 32 7.38 10.02 3.13% 77.50
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 18 24.06 19.32 55.56% 70.33
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 副傷病なし 18 21.22 18.08 33.33% 74.89
解説
脳神経外科では、脳腫瘍、脳血管障害(主にくも膜下出血等の出血性疾患)、頭部外傷、三叉神経痛や顔面痙攣等、脳外科領域全般を扱っており、平成27年度は252人の新入院患者さんを受け入れています。DPC名称別では、頭蓋・頭蓋内損傷の患者さんを多く診療しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 132 10.20 13.03 0.00% 69.57
040200XX97X00X 気胸 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 28 11.57 14.43 0.00% 33.57
040030XX01XXXX 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 20 9.15 10.23 0.00% 63.00
解説
呼吸器外科では、平成27年度217人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、肺の悪性腫瘍の患者さんを多く診療しています。
その他にも、気胸や縦隔腫瘍(胸腺腫瘍など)、感染、炎症性疾患など全ての疾患に対応しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180XX97XX0X 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 22 3.00 3.46 0.00% 66.14
050130XX97000X 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 22 14.95 25.71 9.09% 76.73
050050XX0111XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1・2あり 手術・処置等2 1あり 11 22.45 28.59 0.00% 71.73
解説
心臓血管外科では、平成27年度92人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、静脈・リンパ管疾患及び心不全の患者さんを多く診療しています。
その他にも、弁膜症、不整脈等心臓疾患や腹部大動脈瘤等の大動脈疾患や、呼吸機能低下、腎機能低下、悪性疾患等の合併疾患のある症例も多く、当院の専門科医師と連携して診療を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060XX02XXXX 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 150 5.12 6.34 0.00% 45.51
120070XX02XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 127 4.76 6.50 0.00% 45.49
120100XX01XX0X 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 80 5.04 8.05 0.00% 39.39
解説
産婦人科では、平成27年度2,195人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、子宮、卵巣腫瘍の患者さんを多く診療しています。
また、悪性腫瘍の治療としては、手術療法、放射線療法、化学療法などを病気や患者さんの状態に応じて積極的に行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 片眼 38 6.66 9.57 2.63% 68.42
020110XX99XXXX 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - - - -
180040XX97X0XX 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - - - -
解説
眼科では、平成27年度642人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、緑内障、白内障に力を入れており上位を占めています。
※最も多い入院症例は、白内障に関する手術を行う患者さんとなっていますが、「短期滞在手術等基本料」の対象であるため、本データの対象外となっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患 46 7.22 8.20 0.00% 21.50
030150XX97XXXX 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 26 5.81 7.94 0.00% 57.00
030240XX99XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 25 5.20 5.53 0.00% 35.84
解説
耳鼻咽喉科では、平成27年度328人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、扁桃、アデノイドの慢性疾患の患者さんを多く診療しています。
その他にも、近隣医療機関と連携のもと耳・鼻・口腔・咽喉頭(のど)・唾液腺・頸部の入院加療が必要な急性疾患や手術加療が必要な疾患、悪性腫瘍などの診療を行っています。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X099000X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 57 18.81 15.80 19.30% 74.19
010060X099030X 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 副傷病なし 53 17.77 18.08 32.08% 69.72
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 39 7.23 7.03 5.13% 52.69
解説
神経内科では、平成27年度590人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、脳梗塞の患者さんを多く診療しています。
その他にも、パーキンソン病、認知症、てんかん、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、髄膜炎、脳炎など、脳・脊髄・末梢神経・筋肉など、幅広い症状に対して、画像検査、電気生理学的検査などを行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 51 8.04 8.97 1.96% 69.67
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 18 3.56 4.38 0.00% 56.94
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 14 9.71 11.97 0.00% 64.14
解説
皮膚科では、平成27年度170人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、帯状疱疹の患者さんを多く診療しています。
その他にも、湿疹・皮膚炎等の炎症性疾患、かぶれ・薬疹などのアレルギー性疾患、カビ・ばい菌・ウィルス等の感染性疾患(うつる病気)、ほくろ・イボなどの腫瘍性疾患、皮膚癌・リンパ腫などの悪性腫瘍等さまざまな皮膚疾患に対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 173 7.19 7.59 0.00% 72.95
110080XX01X0XX 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 33 11.94 14.03 0.00% 70.36
11012XXX040X0X 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 副傷病なし 23 1.96 2.89 0.00% 59.65
解説
泌尿器科では、平成27年度780人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、膀胱腫瘍の患者さんを多く診療しています。
その他にも、前立腺の悪性腫瘍が多くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9904XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 260 10.47 13.38 0.00% 70.91
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 135 19.16 21.69 17.78% 82.54
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 129 12.06 14.34 2.33% 65.96
解説
呼吸器内科では、特に肺がんの診療に力を入れており、肺の悪性腫瘍の患者さんを多く診療しています。
また、肺がん患者さんは高齢で様々な合併症を持っていることも多く、一般呼吸器内科の実績も多くあり、肺炎、気管支炎など呼吸器疾患全般に携わっています。平成27年度の新入院患者さんは1,526人でした。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 288 3.05 3.07 0.00% 67.91
050050XX0200XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 157 4.70 4.87 0.00% 66.99
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 107 12.89 18.30 1.87% 81.61
解説
循環器内科では、平成27年度1,133人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、狭心症、心不全の患者さんを多く診療しています。
その他にも、心筋梗塞、臓弁膜症、心筋症、不整脈、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肺高血圧症、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症など循環器疾患全般の診療を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 40 16.08 13.64 7.50% 69.60
110280XX02X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 26 4.50 9.71 0.00% 67.62
110290XX99X00X 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 24 11.67 14.24 8.33% 70.54
解説
腎臓内科では、平成27年度287人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、慢性腎炎、急性腎不全の患者さんを多く診療しています。
腎機能障害やむくみ・蛋白尿などでお困りの患者さんに対し、血液・尿検査・画像診断・腎生検などの精密検査を駆使して、正確な診断をつけ、種々の腎臓病に対して患者さんに合った適切な医療を行っております。
救急総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 副傷病なし 37 2.73 3.58 2.70% 41.97
161060XX99X0XX 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし 16 2.50 3.71 0.00% 39.75
170020XXXXXX0X 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 12 1.67 2.54 0.00% 41.83
解説
救命救急センターとして指定を受け一次から三次の重症患者さんまで、様々な症状を抱える患者さんを受け入れています。
また、他科で受け入れが困難な場合は救急総合診療科で診療を行っており、DPC名称別では、薬物などの中毒が多くなっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030XX99X40X 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 105 9.35 17.69 0.00% 67.25
130060XX99X4XX 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 60 9.03 11.17 0.00% 75.57
130030XX99X50X 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 58 7.55 15.48 0.00% 64.74
解説
血液内科では、横浜市の血液疾患の中核病院として、白血病や悪性リンパ腫など多くの血液疾患患者さんを受け入れており、平成27年度の新入院患者数は806人でした。
DPC名称別では、悪性リンパ腫、特に非ホジキンリンパ腫の患者さんを多く診療しています。
悪性リンパ腫は60種類ものタイプに細分化されるため、それぞれに適した化学療法や分子標的療法などを行っています。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 102 9.78 10.93 0.00% 72.92
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 79 8.68 11.00 5.06% 67.47
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 73 8.19 7.91 1.37% 63.10
解説
消化器内科では、上部消化管(食道、胃、十二指腸)、下部消化管(小腸、大腸)、肝臓、胆道、膵臓の各領域の専門医を擁しており、幅広い領域に対応しています。
平成27年度は1,962人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、胆管結石、胆管炎の患者さんを多く診療しています。
また、特にがん診療に力を入れており、国立がん研究センターとの緊密な連携のもとで早期発見、治療から進行がんに対する全身化学療法を積極的に行っています。

消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035XX0100XX 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 101 14.26 17.41 0.99% 69.50
060335XX0200XX 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 63 7.40 7.84 0.00% 62.51
060150XX03XX0X 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 58 4.91 5.56 0.00% 29.91
解説
消化器外科では、平成27年度1,112人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、結腸の悪性腫瘍の患者さんを多く診療しています。
その他にも、消化器がんの外科治療とがん化学療法、肝腫瘍、胆石症、膵臓腫瘍などの外科治療、急性腹症の外科治療を行っています。
炎症性腸疾患科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060180XX01X0XX クローン病等 結腸切除術+人工肛門造設術等 手術・処置等2 なし 72 21.75 12.46 0.00% 39.33
060180XX99X0XX クローン病等 手術なし 手術・処置等2 なし 67 12.52 9.73 1.49% 40.43
060180XX01X1XX クローン病等 結腸切除術+人工肛門造設術等 手術・処置等2 1あり 58 35.09 35.81 0.00% 40.88
解説
炎症性腸疾患科では、平成27年度599人の新入院患者さんを受け入れており、主に潰瘍性大腸炎、クローン病の診断、診療を行っています。
多くの施設からのご紹介で、2,700人以上の炎症性腸疾患患者さんが通院され、常に40人前後の患者さんが入院治療されています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX9904XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 18 12.22 13.38 0.00% 60.72
040040XX9900XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 12 10.25 15.00 0.00% 73.00
040040XX9905XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり - - - - -
解説
腫瘍内科は、がんの患者さんに対して、化学療法、内分泌療法、生物学的療法、分子標的療法など、主に薬物療法を専門的に行う診療科です。
当科では、乳がん、消化器系がん、婦人科系がん、泌尿器科系がん、原発不明がん、軟部肉腫、その他、希少がんと呼ばれる珍しいがんなど、様々な領域のがんに対する治療を行っています.
平成27年度76人の新入院患者さんを受け入れており、平成27年度末に行ったスタッフの拡充に伴い、平成28年度からはこれまで以上に他診療科との連携を密にして、診療を行っています。

乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010XX03X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 57 5.11 6.79 0.00% 60.16
090010XX02X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 34 6.41 10.37 0.00% 65.85
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 33 8.36 11.63 0.00% 62.91
解説
乳腺外科では、平成27年度168人の新入院患者さんを受け入れており、DPC名称別では、乳房の悪性腫瘍の患者さんを多く診療しています。
適切な薬物療法と、各科連携によるチーム医療を行うとともに、早期発見のために乳がん検診も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 57 23 35 72 - 28 1 7
大腸癌 69 44 107 65 - 83 1 7
乳癌 51 34 24 - - 16 1 7
肺癌 97 49 99 286 13 353 1 7
肝癌 14 12 14 11 - 65 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者さんの数を、初発の UICC病期分類および再発(再発部位によらない)ごとにまとめた表です。
当院の症例の特徴として、5大がん全症例のうち、StageⅢ、Ⅳの割合が60%以上であり、高齢かつ合併症がある進行がんの患者さんの割合が高くなっています。特に初発、再発共に「肺がん」の症例が全体の5割以上を占め、最も多くなっています。そのうち多くの患者さんが、診断時にはすでに進行し手術適応がないStageⅣとなっていますが、化学療法や放射線治療のほか、関連する専門診療科と連携し、全力で患者さんの治療にあたっています。

※なお、当院は地域がん診療連携拠点病院として院内がん登録を行っていますが、集計対象期間などが異なるため、「院内がん登録業務実績報告書」の数値とは一致しておりません。

<用語解説>
UICC病期分類:UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、”T”(原発巣の大きさと進展度)、”N”(所属リンパ節への転移状況)、”M”(遠隔転移の有無)の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類したものです。
初発:当院において当該がんの診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
再発:当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 35 9.09 48.06
重症度 1 47 11.06 66.83
重症度 2 44 14.66 78.16
重症度 3 27 13.63 81.59
重症度 4 17 15.94 80.65
重症度 5 - 20.40 82.40
不明 - 17.00 83.00
解説
当院に入院された成人の市中肺炎(※1)患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢をまとめた表です。
重症度は、日本呼吸器学会の成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類に基づいています(※2)
当院の成人市中肺炎の患者さんは、全体で176人となっており、中等症とされる重症度1、2の患者さんが91人で全体の52%と約半数を占めています。
また、重症度が高い患者さんの方が、平均在院日数が長く、平均年齢が高い傾向にあります。

※1 市中肺炎とは
    病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎であり、肺結核、院内肺炎、日和見肺炎、閉塞性
    肺炎、大量誤嚥(胃酸)による肺炎、慢性下気道感染症の急性憎悪などを充分に識別する
    必要があります。

※2 重症度分類(A-DROPシステム)
    ①男性70歳以上、女性75歳以上
    ②BUN 21mg/dL以上または脱水あり
    ③酸素飽和度 90%以下(酸素化能 60Torr以下)
    ④意識障害(肺炎に由来する)
    ⑤血圧(収縮期)90mmHG以下

    重症度0    上記5つのいずれも満たさない=軽症 
    重症度1      上記1つを有する=中等症
    重症度2      上記2つを有する=中等症
    重症度3      上記3つを有する=重症  
    重症度4      上記4つを有する=超重症
    重症度5      上記5つを有する=超重症

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 18 5.89 74.39 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 176 25.78 74.10 36.93%
その他 21 20.48 72.05 23.81%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
解説
病型ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率をまとめた表です。
I63$脳梗塞の割合が最も高く、そのうちの大半の患者さんが発症日から3日以内に入院されています。

※ICDとは、疾病や関連保健問題の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO)によって公表された分類のことです。
1990年に国際統計協会により制定された第10版のことをICD-10といいます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 40 0.00 19.70 15.00% 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 16 0.13 2.50 0.00% 1.50
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 13 0.00 15.54 46.15% 0.00
解説
小児科で行う処置手術としては、新生児に対する蘇生処置、腸重積症に対する非観血的整復術の件数が多くなっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 100 5.51 21.19 47.00% 74.30
K0821 人工関節置換術(肩)(股)(膝) 90 2.56 24.79 17.78% 74.07
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕)(下腿) 73 1.18 3.15 0.00% 49.64
解説
整形外科では、骨折観血的手術が多く占めています。
また、関節疾患では、変形性関節症、リウマチ関節症では、人工肩、肘、股、膝関節全置換術、骨切り術、スポーツ疾患では、多数の関節鏡視下手術を積極的に行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 66 2.23 5.65 1.52% 62.08
K0111 顔面神経麻痺形成手術(静的なもの) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
解説
形成外科では、リンパ管吻合術に多く占めています。
乳がん、子宮がん、前立腺がん等の術後に生じた上下肢のリンパ浮腫(病的なむくみ)に対してリンパ管を近傍の静脈にバイパスする顕微鏡下リンパ管静脈吻合術を積極的に行っております。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 39 0.49 7.95 10.26% 77.51
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 17 1.82 54.12 94.12% 67.29
K1742 水頭症手術(シャント手術) 11 13.55 20.82 27.27% 73.45
解説
脳神経外科では、頭部外傷や脳血管障害などの手術が上位を占めています。
その他にも、脳出血は機能予後を重視し、開頭手術の他、局所麻酔による定位的血腫吸引と血腫融解ドレナージを行っています。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 79 2.81 6.85 0.00% 68.43
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 39 2.72 6.23 0.00% 72.51
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 32 9.53 10.34 3.13% 36.75
解説
当院は、地域がん診療連携拠点病院に指定されており、胸部悪性疾患の手術症例が上位を占めています。特に、根治性とともに体にやさしい手術を目指し内視鏡手術(胸腔鏡手術)にも積極的に取り組んでおりほぼ全手術で行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 26 5.31 10.27 7.69% 76.54
K617-2 大伏在静脈抜去術 22 1.00 1.00 0.00% 66.14
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 14 6.79 19.14 0.00% 70.86
解説
心臓血管外科では、ペースメーカー移植術が多く占めています。
その他にも、狭心症、心筋梗塞に対しての冠動脈バイパス術、弁膜症に対しての弁置換術、腹部大動脈の症例に対しての開腹手術、下肢静脈瘤に対しての下肢静脈ストリッピング手術など、幅広く手術を行っています。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 200 0.92 2.84 0.00% 41.95
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 189 0.99 3.30 0.00% 49.34
K867-3 子宮頸部摘出術(腟部切断術を含む。) 76 1.00 0.25 0.00% 39.03
解説
産婦人科では、悪性腫瘍を中心にほとんどすべての内容に対応しています。
婦人科内視鏡手術センターを設立し、腹腔鏡などの低侵襲の手術や妊孕性を温存する手術にも積極的に対応しており、子宮附属器腫瘍の摘出が最も多くなっています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 593 0.69 1.01 0.00% 76.71
K2683 緑内障手術(濾過手術) 35 1.37 4.46 2.86% 70.17
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
解説
眼科では、白内障の水晶体再建術が多く占めています。
白内障手術は、新型の超音波手術装置を用いて、初回診察後約1か月で手術を行えるようにしており、緑内障手術は、視力保持と視野の保持を目的に治療を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 54 1.02 5.28 0.00% 21.57
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 26 1.00 1.00 0.00% 62.69
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 13 1.15 4.77 0.00% 50.54
解説
耳鼻咽喉科では、口蓋扁桃手術が多く占めています。
その他にも、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、喉頭蓋炎や頸部膿瘍などの炎症性疾患や突発性難聴、顔面神経麻痺など、また手術加療としては内視鏡下副鼻腔手術・頸部手術・耳科手術・音声改善手術など耳鼻咽喉科全般の手術加療を行っています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 25 26.08 28.12 44.00% 77.08
K386 気管切開術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
解説
経口摂取が困難となった患者さんに対し、治療の一環として患者さん本人、家族の方との相談のうえ、胃瘻造設術を実施しています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.83 1.56 100.00% 75.06
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿)(躯幹)(肩)(上腕)(前腕)(大腿) 16 0.75 1.00 0.00% 59.94
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) 10 1.60 1.10 0.00% 56.40
解説
皮膚科では、皮膚悪性腫瘍切除術など腫瘍手術が多く占めています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 135 1.86 4.67 0.00% 74.81
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 37 1.41 3.95 0.00% 66.76
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 33 2.12 8.82 0.00% 70.36
解説
泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術が上位を占めています。
特に経尿道膀胱腫瘍一塊切除術(TURBO)は豊富な実績があります。また、腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術を実施しているほか、副腎腫瘍、腎臓がん、あるいは尿膜管遺残や精索静脈瘤に対する腹腔鏡下手術、女性尿失禁に対するTVT手術などを行っています。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 125 2.02 2.80 0.00% 67.54
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 84 1.92 1.82 1.19% 75.98
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 42 0.02 11.90 4.76% 62.17
解説
循環器内科では、狭心症、急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療が多く占めています。
また、冠動脈バイパス術、弁置換術、大動脈人工血管置換術などが必要な患者さんに対しては、心臓血管外科医と連携しております。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 48 8.58 9.98 6.25% 68.13
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
解説
腎臓内科では、新規透析導入に伴いほぼ同数の内シャント設置術を行っています。
また、内シャントリペア目的で経皮的内シャント拡張術(PTA)を当科、循環器内科と共同で行っています。
その他にも、IgA腎症の治療の一環として、耳鼻咽喉科に口蓋扁桃手術を依頼し、パルス療法を実施しています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 16 15.94 2.56 0.00% 55.38
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 10 11.90 1.30 0.00% 73.90
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) - - - - -
解説
平成27年度は難治性の腹水の患者さんに対して、胸水・腹水濾過濃縮再静注法が多くなっていますが、例年、造血幹細胞採取が多く占めており、診断から採取、移植まで一貫して治療を行っています。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 274 0.26 1.36 0.00% 68.68
K654 内視鏡的消化管止血術 120 1.88 8.26 4.17% 69.86
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 64 4.53 11.39 0.00% 75.55
解説
消化器内科では、多くの内視鏡検査を行うとともに、早期胃がん(73件)や早期大腸がん(43件)に対する内視鏡下粘膜下層切開剥離術(ESD)など積極的に多数の内視鏡治療を実施しています。

消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 151 1.77 2.07 0.00% 65.54
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 89 1.82 4.46 0.00% 61.73
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 73 2.15 10.44 1.37% 70.12
解説
消化器外科では、ヘルニア手術、腹腔鏡下で行われる胆嚢摘出、結腸悪性腫瘍切除術が多く占めています。
その他にも、胃、大腸、肝胆膵のがんに対して数多くの手術を行っています。

炎症性腸疾患科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7191 結腸切除術(小範囲切除) 42 10.17 24.33 2.38% 45.52
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 36 9.42 21.47 0.00% 41.33
K719-5 全結腸・直腸切除嚢肛門吻合術 34 4.18 21.59 0.00% 39.88
解説
炎症性腸疾患科では、結腸切除術が最も多くなっています。主な症例に関する手術の内訳をみてみると、クローン病では、小腸の手術が33件、結腸・直腸の手術が96件、肛門の手術が11件、合わせて140件の実績がありました。また、潰瘍性大腸炎に関する直腸の手術は、全術式を合わせると81件の実績がありました。
炎症性疾患のうち、クローン病では狭窄による腸通過障害が最も多い手術理由であり、腸管を温存するために小範囲での切除や狭窄形成術を原則としています。また、合併頻度の高い肛門病変の手術を多く行っています。潰瘍性大腸炎では、重症難治あるいは大腸がんが最も多い手術理由であり、前者には原則として人工肛門を作らない回腸嚢肛門管吻合術、後者には温存が少なく根治性の高い回腸嚢肛門吻合術を行っています。

乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 57 1.12 2.98 0.00% 60.16
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 34 1.00 4.53 0.00% 65.65
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 27 3.00 6.67 3.70% 63.04
解説
乳腺外科では、乳腺悪性腫瘍手術が上位を占めています。
病変の拡がりにより、乳房(全)切除を行うか、部分切除(温存術)を行いますが、患者さんの生活や価値観によりそって治療をするよう、心がけています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 127 0.83%
異なる 82 0.54%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 50 0.33%
異なる - -
解説
感染症および合併症の傷病名と入院契機病名が同一のものである場合と異なる場合の症例数、発生率を示したものです。
当院では、294件のその他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症)症例があります。
症例数は敗血症が209件と全体の約71%と最も多くなっています。
発生率は全退院患者数(15,241人)の割合となっており、入院契機病名が同一の場合0.83%、異なる場合0.54%となっています。

※手術・処置等の合併症についての具体的な傷病名は以下の通りです。
・人工股関節脱臼(左右)
・人工関節感染(左膝)
・人工関節のゆるみ(右膝)
・後出血
・腟断端出血
・術後感染症(左膝、難治性左股関節)
・術後創部感染(左膝、右下腿)
・術後腹腔内膿瘍
・術後瘻孔形成
・術後出血性ショック
・造影剤ショック
・手術創部膿瘍(右足関節、背部)
・手術創離開
・骨盤部感染性リンパのう胞
・眼内レンズ脱臼
・透析シャント狭窄・閉塞
・吻合部狭窄
・食道吻合部狭窄
・予防接種後発熱・副反応
更新履歴
2016/9/27
DPC機能評価係数2の保険診療指数における評価項目である「病院情報」を公開しました。